ホーム » 活動報告 » U10クラス » 【LLA】市大会最終日結果

【LLA】市大会最終日結果

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

コーチ・スタッフ用

LLA市大会最終日の結果です。

【1試合目】 たちばな-相沢FC 4-0 ○
        ▸ 得点 : こうき3、ゆうきち
        ▸ アシスト : こうへい2、さくと
【2試合目】 たちばな-東汲沢 0-1  ●

2試合目を担当しましたので、そのコメントを掲載します。

■前半
フォーメーションは1-3-3を採用
(表示はそのまま左からです)
FW:かける、こうへい(せな)、つかさ
MF:こうき、たつろう、しゅうと
DF:はるき
GK:ゆうきち

○前半コメント
全体的に動きが重かったので、永遠のテーマでもある「試合の入り方」と
「試合の雰囲気作り」の重要性を改めて感じた試合です。
個々の能力としては、今回の組み合わせでは、他のチームよりも上にいる
と感じているのでメンタル面を鍛えなおせば決勝T進出は達成出来ると思
います。

かける:前線での守備が非常に良かった。
自陣での守備になった時に、もう少し早く戻れると更に良い。
それからボールサイドへの寄り過ぎには注意。

こうへい:前半唯一の見せ場がこうへいのシュート。
前半はチャンスが少なくボールが回ってこない時間が長かった
と思うけどそれを我慢して前線で待っていられると更に良い。

つかさ:前線の突破が非常に良かった。
サイドで出場した際には、サイドでその突破を発揮すると更に良い。
攻撃が出来るようになったら守備にも気を回そう。

しゅうと:難しい時間帯も長い中、よくボール奪取してくれていた。
相手に釣られないことと、自分の距離を見極めると完璧かも!

たつろう:スピードのある相手によく対応していた。
中央の舵取り役を担う際には、周りの味方の長所、短所を頭に
入れておくと更に対応が早くなる。

こうき:1対1の強さが安定していた。
ただ、1試合目にハットトリックしたせいか、自然とゴール前まで
歩いてしまっている感じ。
DFで出場した場合は自分のスピードを意識してポジショニングする
と更に良い。

はるき:2枚のトップを1人で対応することが多かったけど、よく踏ん張って
くれたと思う。
中盤の穴埋めも良く出来ていた。
対戦相手の特徴に合わせてポジショニングすると更に良い。

ゆうきち:ファインセーブの連続で本当にチームが救われた。
ジャンボキックの際には、しっかり足首を固めて「当てる」だけで
あと10mは飛ぶと思う。

せな:シュートの意識が高く、ロングシュートが非常に良かった。
あとは、プレーが切れたときでも顔を下げずに常にボールを見ることや
常に顔を出してボールを受けてあげることで自分もリズムに乗れると思う。
■後半
FW:さくと、こうき、じゅん(かける)
MF:たつろう、はるき、しゅうと
DF:りゅうざぶろう
GK:こうへい

○後半コメント
完全に別チーム。
メンバーやポジションは若干修正したけど、おそらく前半で走ったことで心肺
機能があがり、全体として走れるチームに変貌。
攻守共に春の区大会以上の出来だったと思う。
あとは、これを継続すること。

さくと:攻守共に運動量、ポジショニングが非常に良く逆サイドにボールがある
ときでもよく走っていた。
守備の際にもう少し粘れると更に良い。

こうき:攻撃の起点として、非常に良かった。
ボールが入った時の判断力や決定力もある。
シュート以外のダイレクトプレーの精度をあげると更に良い。

じゅん:ボールへの執着心が強く、気持ちが良く前面に出ていた。
あとは、ポジションを意識して動けると更に良い。

しゅうと:ボール奪取からの攻撃への展開が良かった。
前線のサイドが張っている選手、中央でボールを受けれる選手
と組むと更に良さが出ると思う。

はるき:前半より1つ前のポジションへ移動することで動きに自由度が生まれ
サポート力が向上していた。
攻撃参加後の戻りも抜群に良い。
守備の際には密集地帯でボールを奪いことが多いので、そこから簡単に
ボールを捌けるようになると更に良い。

たつろう:左サイドハーフへ移動。
ボール奪取回数が非常に多く、そこからの展開も非常によかった。
攻撃参加してシュートを打つときは、もう1歩踏み込むとイメージ
通りのシュートが打てると思う。

りゅうざぶろう:相手が強力だったけどよくフォローしてくれたと思う。
コーチの声も良く聞こえていたみたいで頻繁にポジションを
微調整しているところも凄くよかった。
ヘディングについては練習しよう!

こうへい:GKの安定度もすばらしい。
キックも良いのでチャンスも大きく広がっている。
GKの経験をFWで出場した際に役立てると更に良い。
(どのコースが取りにくいとか、ボールがこの位置にある時には
ここらへんに立っている 等)

かける:前半に比べて攻撃参加が非常に良く、前線からの守備も非常に良かった。
攻守の切替の際に歩かず走れれば完璧。

■総評
基本的には、区大会へ向けてメンバー全員の底上げと新フォーメーションの
イメージの擦り付けを重要視し、1試合目に出場時間の短かったメンバーを
先発出場させました。

1試合目から時間が空いてしまい、心身ともに集中出来ていなかった面もあ
って動きが重かったです。
試合前のアップについて、いろいろ考慮していましたが、うまく繋がらなか
ったかもしれません。

基本的にアップは心肺機能を高めるために行うので「少し疲れる程度」に行
い小休憩を挟んで試合となります。
ところが児童の場合は、試合までのスタミナ回復時間が少ないせいもあって
強くアップしてしまうと試合でのスタミナが残っていない状態になってしま
います(児童というかたちばなのメンバーが、、、、かな?)

そこで1試合目は、体をほぐし暖める程度のアップで望み、非常に良い動き
だったので2試合目も同等のアップをしたところ、みんな序盤で息があがってしまっていました。

試合に応じてアップも考えないといけませんね。

(内容というよりは、試合へ入るメンタルを作るイメージですかね)

新フォーメーションは2試合しか見ていませんが、バッチリはまっている選手
が多く、攻守共に連動性を感じました。

区大会が楽しみですね。

 

IMG00095 IMG00096


1件のコメント

  1. 菊田 より:

    試合の入り方は永遠の課題ですね~
    個々のレポートが詳しくて楽しみました。区大会頑張りましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。