ホーム » 活動報告 » U12クラス » [L-6年] 第18回FC金目カップ

[L-6年] 第18回FC金目カップ

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

コーチ・スタッフ用

2月12日(日)、平塚市のFC金目さん主催の金目カップにご招待頂き、6年生12人+5年生3人の総勢15人で参戦してきました!! 金目さんには先日の県大会でPK戦の末、敗戦。金目さんにはPK戦ではない決着を!ということでお呼び頂いたのですが、サッカーのみならず、お味噌汁をご馳走になったり、くじ引き大会、お土産まで頂いたりで、子供たちや大人も大ヨロコビ。天気も良くて暖かかったし、キレイな富士山も見れたし、卒団間近の6年生にとって最高の思い出の1日になったかな!? FC金目さん、参加チームの皆様、どうもありがとうございました!!

さて、試合結果です。

1次リーグ(2試合)

1-0 ◯ 犬蔵SC

2-0 ◯ SFCジュニオール

順位決定戦(1-2位) 0-1 × 湘南ミラネーゼ

→準優勝!!

%e5%af%be%e6%88%a6%e8%a1%a8

普段交流する機会の少ない湘南地区を中心としたチームとの交流に緊張感も多少漂っていましたが、ピッチ横の広いエリアで2時間ぐらいボール遊びをしているうちに(あきずによくやるわ。。)、第1試合開始。メンバーと一言アドバイスだけ各コーチから出した後は、子供達でミーティングをして試合に臨みました。 最近はこのスタイルをとるようにしていますが、キャプテンタロウを中心に試合前、試合後に自分たちで試合毎の目標や反省を一人一人が一言ずつ話すように にしているようで(聞いていると嫌がられるので、子供達のミーティング中はチョット離れている。。)、こういったところは成長したなー、とシミジミ。 中学生や大人になって、サッカーでも他のスポーツでも、スポーツ以外でも、自分の思ったことを相手に伝えることはお互いを理解するのにとても大切なことなので、こういう取組は大切にしていこう!

さて試合はというと、1試合目は開始2分ぐらいで右サイドを駆け上がったゴウシからのクロスをツカサが流し込み先制!攻撃面ではコウタロウの積極的な攻撃参加、タロウのGKとの1vs1、シュウマの絶妙なポジショニングからのシュートといった見せ場がありつつもどちらも無得点。。(ま、いっか!?)この虎の子の1点を守りきり勝利しました。

2試合目は前半圧倒的に攻められながらも中盤以下の守備陣の頑張りで相手に得点を許さず(前半最後の3分ぐらいの猛攻をしのいだのが大きかったかな)。後半に入って、ヒロムのパスを受けたタロウがGKとの1vs1を冷静にかわして右からボールを折り返し、ツカサがキレイに流し込み先制。さらにコウタロウのロングフィードを受けたツカサがGKの足元をヒラリとかわしたシュートは20m先のゴールに綺麗に収まりゴール。2-0で勝利しました。

優勝決定戦は県大会でベスト16まで勝ち上がった湘南ミラネーゼさん。メンバーの具合はよくわかりませんでしたが、何れにせよたちばなからみれば格上。「ここまできたらジャイアントキリングやったるぞー!」と気合十分で臨みましたが、残念ながら終了2分前ぐらいにCK(CK8本ぐらいあったと思うけど、それまでよく耐えた)からキレイにヘッドを決められ、0-1で敗戦。優勝はなりませんでしたが、みんなとても良い顔でベンチに戻ってきました。

今日は試合の内容も結果も今年1、2を争う好内容。ご準備いただいたイベントも楽しみ最高の1日でした!このメンバーでサッカーを楽しめるのもあと1ヶ月。明るく激しく楽しくがんばろー!

八瀬尾コーチ
%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f %e8%a1%a8%e5%bd%b0

今回は長編。更にコーチコメントが続く予定です。

続き

いやー、今日は楽しかった。

今日の大会は、神奈川県ベスト16、平塚第2位等々、強豪ぞろいの大会で、まず、犬蔵SC戦での、タナカの一人交わしてのビューティフルセンターリング(美しい交わしだった、コーチ陣感動)からの(ちょっとコーチ陣は拭かすかもと一瞬思ったけど)サガノのビューティフルゴールでスタート、その後も、タカハシシュウマのクロスからのシュート(あまりにも惜しくて、ベンチのコーチ陣卒倒)等、見どころ満載、守っても、アリムラ(カバーリングの動き最高)、ヤザキ(良く、相手と戦ってた)のセンターバックを中心に相手のチャンスを潰してた、サイドでも、フジカワのパスカットさえまくり、大きい相手にも全然あたり負けてなかった、イトウのチェイシングも相手にとってみたらいやだったろうな、あんなしつこかったら(帰りの車、爆睡だったのは当然か)。おそらく、この試合でのうちのチャンスは、サガノのゴール、タカハシシュウマのあまりにも惜しいシュート(サイドのハーフがあそこまで走ってゴール前にいるのは凄いことだ)、に加えて、後半のヤセオの左足でのシュート(ちょっと外れた)、3回位、その位拮抗した試合をものにしたのは大きい。八瀬尾コーチを持ってして、今年度最高の試合。

 

と思ったら、もっと凄い試合が、平塚市大会準優勝のSFCジュニオール戦、前半は攻められまくり、防戦してる時間帯が長かった。その中、この試合も、アリムラ、ミナミのセンターバック陣は安定、キーパーセキは何度、ナイスセーブでピンチ救っただろう(1試合目より、2試合目の方が、安定感抜群、一回、相手シュートに反応して、ボールがポストに弾かれた時は、正直ダメかと思った、あのセーブは素晴らしかった!!)、サイドバックをやったイシカワも頑張ってたなー、全然サイド崩されなかったな。でも、今日、本当に効いてたのは、ボランチーーーズ、サコダ、サトウだな。バイタル全然、相手に自由にやらせなかった。しかし、サコダ、サトウは、強いな。サコダは、相手とファイトして勝って、チャンスを何度作っただろう。数えきれないな。今日1のシーンは、サトウが前線で奪って、ヤセオにフィード、ヤセオはキーパー交わして、右にそれて、センターリング、サガノが落ちついて、ズドンの先制点のシーンだな、あまりにも美しすぎて、レアルマドリードかと思ってしまった。(残り時間7分)その後も、ポゼッションは、相手が上で長い守りの時間が続く(コーチ陣ヒヤヒヤ)、サイドのバックに入ったタカハシシュウマ含めて、守る守る。トップ下のタカハシイクトも、あれ?ゴール前まで戻ってディフェンスしてる。素晴らしい!!!サイドのハーフのウラサキも守備の意識満載、でも、攻めも、果敢にドリブルで突破をしてた。でもって、後半、13分位かな? サガノが飛び出して、キーパー出てきたところをズドン。勝負あり。いやー、よく頑張った。いやー、気分最高!!!

 

決勝戦は、・・・・・・・・・守って、守ってカウンター狙いだったけど、後半14分コーナーから失点。残念。でも、前半のヤセオが抜けだ出したのはオフサイドじゃなかったかな?(サガノはオフサイドだったけど)。

 

今日は、よく頑張った。よーく考えてみよう。強豪相手に、コーナーからの1失点だけ、崩されて得点されたシーンは、“ゼロ”、これって凄くない???

“もちろん、凄い!!!” これって、今日参加した15人全員が頑張った結果。自信持っていいよね。当然!!!

得点3点も、皆の魂がサガノに乗り移った感じかな、素晴らしすぎる3点だった。

 

いやー、いい週末だ

 

監督 三木

img_0637 img_0627


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。