ホーム » 活動報告 » クラブイベント » 【L】第5回たちばなキッカーズ卒団杯

【L】第5回たちばなキッカーズ卒団杯

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

コーチ・スタッフ用

晴天の中、第5回たちばなキッカーズ卒団杯が開催されました。たちばなからオレンジとブルーの2チームが参加。6年生にとっては最後のホーム戦です。優勝目指して頑張りましょう!

さて結果は・・・

img_0673

【チームブルー】

メンバー:ゴウシ(C)、トモキ、イクト、リオ、ユウキチ、ナオヤ、ハルノリ、ダイチ、ソウ、レノン、タイスケ、カズ、トウマ(13名)

リーグ戦1試合目 vs 折本SC ×0-1

FW     イクト

MF リオ  ダイチ  トモキ

MF     ハルノリ

DF   ナオヤ   ユウキチ

GK     ゴウシ

(交代) リオ→カズ、ハルノリ→レノン、ユウキチ→ソウ

6年生の最後のホームでの大会なので受験組も含めて全員先発してもらいました。試合勘や体力など心配もしましたが、なんのその。非常に動き回るし、1対1も気持ちで全く負けていない。疲れた姿を見て交代を期待していた5年生が肩透かしを食らってしまうくらい、頼もしく頑張ってくれました。相手が1枚上手でしたが、キャプテンゴウシの安定したセーブもあり、均衡したいい試合になりました。しかし、前半12分に相手の右サイドのペナの外からロングシュートを打たれ失点。あれはキーパーとしてはノーチャンス。相手を褒めるしかありません。

ユウキチは1対1強いなー。ナオヤの走力の高さで相手に裏を全く取らせない、ハルノリのナイスなポジショニングとフィード、リオの随所にセンスを感じる突破、トモキの何度も相手に寄せる迫力、イクトの前線から積極的なチェイスなど、ブランクがあったメンバー含め頼もしい6年生の姿が見れました。イクトも何度かシュートシーンを作ったし、ダイチの右足のミドルが惜しくもキーパーに阻まれるなど決して一方的なゲームではなく、とても素晴らしい試合でした。同点にしたかった・・・でも残念。だけどとてもいい試合でした。

リーグ戦2試合目 vs 3BSC △0-0

FW     トウマ

MF リオ  レノン  タイスケ

MF     ハルノリ

DF   ソウ   ユウキチ

GK     ゴウシ

(交代) トウマ→イクト、リオ→トモキ、ソウ→ナオヤ、タイスケ→ダイチ、レノン→カズ

2試合目は、出たくて仕方のない5年生を中心にスタートしました。相手は負けた折本SCに4-2で勝っている更に強い相手。とても早くてうまいFWが相手にいて注意しようと確認しあって試合がスタート。しかし始まってみれば、ことごとくソウとユウキチが止めまくりました。抜け出されてもゴウシが全く揺るがず壁のようにそびえ立ち、ベンチからとても安心して見てられました。後半交代で入ったナオヤも抜群のスピードと1対1の強さを発揮。また、待ちに待った5年生も6年生の活躍に刺激されてか非常に頑張ってくれました。レノンの守備範囲がとても広く、時にはサイドやボランチ一まで下がって守備対応、そして攻撃に顔を出す動きもしっかり。カズもサイドを何度もアップダウンし、持ち前のキープ力でチームを助けてくれました。タイスケも普段あまりやらない右サイドでしたが、間で受ける動きに関心。守備も頑張ってくれました。前をやりたいと張り切っていたトウマは志願するだけあって、前線で動き回って、チームを助けてくれました。2試合目も非常に緊迫したいいゲームでした。得点は取れませんでしたが、強いチームに引分で終了。結果1分1負となり、リーグ戦3位となりました。いい試合をしていただけに残念。

5位決定戦 vs山王谷SC ×2-3

FW     イクト

MF リオ  レノン  トモキ

MF     ダイチ

DF   ナオヤ  ソウ

GK     ゴウシ

(得点)ダイチ×2

(交代)ソウ→ユウキチ、リオ→カズ→リオ、トモキ→トウマ→トモキ、イクト→ソウ→トウマ、ダイチ→イクト、ナオヤ→タイスケ→ナオヤ

最終戦です。リーグ戦の結果により、さっきの試合が終わって15分後のゲームとなりました。しまった、飯を食う時間がない・・。これが結果的に影響が出るとは・・・。

最後なので、6年生を中心に総力戦。今度こそ勝ちたい!ですぐ結果が出ました。リオがバイタルでボールをカットし、センターリング。これをダイチがツメて開始2分に先制。更に11分に得たCKをリオがキック。ダイチが合わせたボールがループ気味にGKの上を捉え、追加点。レフティーコンビがやってくれました。ここまでは、たちばなペースで試合が運んでいました。しかし、前半18分に相手CKから失点。このまま2-1で前半を折り返します。後半、6年生を少し休ませるために、5年生を投入。前半の終わりから相手のペースとなっていましたが、よく踏ん張って拮抗したゲームでした。そして、ラスト10分になって、6年生を全員ピッチへ。逃げ切りをはかりました。でも、トップを努めていたソウが明らかにしんどうそう。トウマに代わってもらい、ベンチに返ってくるなり、「限界~」お腹がだったそうです。ごめん。すでに2時。8時半に集合しているのだから、そら持たんわな、でしたね。他の子もそうだったよう。そんなガス欠状態で最後2分間で2点を取られ、逆転を喫してしまいました。

結果は残念ながら6位。だけど、ベンチから、もっとシボレ~、判断はやく~、など特に5年生からチームメイトにひっきりなしに指示がでていました。コーチめちゃめちゃ感動。普段無口な子たちなのに、すげー、成長しているな。そして何より、6年生も5年生も全員「出たい」と次々にコーチに直談判してくれました。みんなの成長している姿を目の当たりにして、勝たせてやれなかったこと反省。あと1ヶ月ですが、最後まで楽しんでサッカーやりましょう!

浦崎コーチ

 

【チームオレンジ】

メンバー:ユウヤ、ヒロム、フウタ、ノア、シュウマ、ツカサ、タロウ(C)、コウタロウ、コウシロウ、エイト、ダイキ、セッキー、イッシー、アオイ(14名)

FW         ツカサ

MF         タロウ

MF   フウタ  コウタロウ  シュウマ

DF      ヒロム     ノア

GK         ユウヤ

卒団杯ということでチームオレンジも6年生を主体に予選2試合&順位決定戦を基本的に上記のフォーメーションで臨みました。これに助っ人の5年生を自己申告の希望ポジションでところどころ投入。

コウシロウ:CB、エイト:ボランチ、ダイキ:サイドハーフ、セッキー:トップ、イッシー:トップ&左サイドハーフ、アオイ:サイドハーフ

今日も選手の交替以外は、試合前後のミーティングも含めて基本的に彼ら任せ(放置じゃないですよ!)。試合前のアップでは、何やら「声だせー!」「ウェイッ(最近、声替りし始めたのかあまりかわいくない)」「声でてなーい!」「ウェイッ」といった光景が。。「何で声だしやってんの?」と聞くと、「試合中静かだと何をして欲しいか分からないし、押されてる展開のときにどんどん沈んじゃうから、昨日の試合から始めた。」とのこと。ふむふむそうですか。確かにピッチの中でのコミュニケーションが良くなっているなー。パスを受けたい人の動きのパターンが増えてくると(これ、最近とても良いことね)、ボールを持っている人は目だけでこれを分かろうとしても限界がある。だけどボールの受け手が「おれはこうしたいんだ!」と声を出して、出し手が耳でもこれを聞けるようにしてあげると、チームとして攻撃でも守備でももっと色々なことができるようになってレベルアップしていくんじゃないかな(そのうち声を出さなくても「感じる」ことができるようになるよ)。もし言われたことが納得いかなかったり、よく分からなかったら、そのままにしないでピッチの外でよく話すといいよ。

と、前置きが長くなりましたが、結果です。

リーグ戦1試合目 vs 山王谷FC   ○ 8-0 (得点 タロウ:3  /ツカサ:2 /ダイキ:1 / イッシー:2)

リーグ戦2試合目 vs 港北FC    × 0-3

順位決定戦               vs    折本FC       ○    2-1 (得点  タロウ:2)

第一試合は、開始3分の間にタロウとツカサで立て続けに2点。名コンビなのかライバルなのか?何はともあれ前線で数年間切磋琢磨(意味分かるか!?)し続けてきた2人がこの後もさすがの得点力で点を積み重ね前半で5-0。試合のリズムをつけてくれた2点の起点は共にフウタ今日は左サイドに入ったフウタの攻撃参加が光ってたなぁ(2本ぐらいいい狙いのシュートあったねー)。昨日のカップ戦でのシュウマもそうだけど、守備の対応をしつつ二人が色々な形で攻撃に参加してくることで中盤や前線のボールの持ち手に選択肢が増えてきて、この1ヶ月間の前線でのボールの展開すごく面白いんだよね。で、後半を託された5年生。右サイドに入ったダイキが早速魅せてくれます。ダイキの久しぶりにじっくり見たけど、攻撃力が上がってる!足元のボールの収まりがよくなってて、後半開始早々に右サイドをドリブルで駆け上がるや、ペナルティエリア内で倒されPK獲得。「ダイキ蹴れー!」の声に「やだー」としぶしぶ応じつつ、意を決したのか見事にこれを決めてくれました。その後もコウシロウの1vs1の守備の強さ(スピードも上がってきたのか迫力がでてきた)、エイトの中盤での抜群のポジショニングと前線への配球(攻撃のいい起点になってたね)、アオイのパスカット&ミドルシュート(あれはいい武器になりそうだから、狙いどころを練習してみよう!)、セッキーのゴールへの嗅覚(ファーストプレーでの得点いけそうだったなー。”落とす”プレーばかりじゃなくて自分でもどんどん狙っていいんだよ)、今日は伸び伸びとやってもらおうとトップに入ったイッシーの2得点(ヒロム評”アジアの大砲”)などなど見せ場は盛りだくさん。8-0の快勝で2試合目に臨みました。

正直、港北FCさんには今日勝ちたかった!秋の区大会で0-0で終わり、小学校卒業という節目でもう一度戦いたかったんですよね。ユウヤ:「とにかく思い切ったプレーを!」、ヒロム:「相手エースを抑え込んで!頼りにしてるぞ!」、ノア&コウタロウ:「ヒロムサイドをカバーしつつ他の相手攻撃を何とか抑えてチョ。でも後ろからのミドルもがんがん狙っていいよ」とムチャ振りをしつつその役割をしっかりこなしていた彼らに応えるように、攻撃陣もワクワクするようなプレーをたくさんみせてくれたけど、得点にはつながらず。気合十分で臨みましたが残念ながら敗戦。点差もついちゃって、みんなくやしがっていたけど、正直秋の引き分けよりも楽しかったなー。視野がひろがったり、ボールのキープ力が上がったり、ボールの回し方も色々なことができるようになって選択肢が増えてきて、それを試していると「あー、もうちょっとシンプルに!とかシュート打てばいいのに!」なんて思っちゃうこともあるけど、まだまだみんなのサッカー生活は続くわけだから、卒団なんて気にしないで色々試してみればいいよ。今日参加頂いた3BSCさん、他の港北区内チームの皆さんもそうですが、名前までは知らないながらも小さな頃から折に触れ成長をみてきた子供たち。身近なライバルでありながら、仲間であるような。。次のステージでの対戦が楽しみです!

優勝は逃すことになったけど、3位入賞は果たすぞ!と臨んだ順位決定戦vs折本FC。前半2分にタロウが抜け出し1点先制。13分にもタロウが抜け出して左足で流し込み2-0。後半に入って相手に追い上げられてヒヤヒヤながらも2-1で逃げきり3位入賞。目標としていた優勝はならなかったけど、いい一日でした。

ということで、オレンジは3位、ブルーは6位。と目標にしていた結果にはならなかったけど、特に6年生は久々の下田小開催の試合でたくさんのサポーターが応援してくれた中で、この1年間の成長を十分に発揮できたんじゃないかな?。言ったとおり、きみたちはまだまだ発展途上。昨日よりも今日のほうが確実に上手になっているし、いいチームになっているし、明日はもっとうまくなるはず。でもこのメンバーで楽しめるのも、あと数回。さびしいけど楽しんでいこう!

さて、本日のMVP。オレンジはタロウ(今日の最多得点もあるけど、1年間キャプテンとしてよくチームを引っ張った!)、ブルーはイクト(今日はいつにも増して気合十分!得点のにおいがプンプンしていたので残念だったけど、ブルーの善戦はイクトのトップでの積極性によるところ大きかったんじゃないかな)、特別賞はナオヤ(浦崎コーチコメントの通りCBに入りつつ、抜群の1vs1の強さと走力。全力で走ってもカラダがぶれないバランス力がすごいね)でした!

八瀬尾コーチ

集合!

 

OrangeBlue2チームで参戦、試合のレポートは、八瀬尾コーチ、浦崎コーチから、コメントにあるが、2チームとも非常に素晴らしい試合をしてくれた。この2年間の成長が見て取れた。素晴らしい!!!

 この学年は、みんながLになってからの付き合いで、確かに、接戦を勝ちきれなかった試合も数多くあったけど、強豪相手にも、守る事無く攻める姿勢で試合に臨んでいたのは、非常に良かった。6年春の、美晴SC戦、ジュニオール戦、秋のSCH戦等々、見てて楽しい試合満載、その結果が、FC金目カップでの競合相手の中での準優勝、今日の卒団杯の頑張りに繋がったと思う。

まだ、卒団へはちょっと早いけど、皆に一言。

 

2. セキへ
L
に上がる前から、キーパーが好きだったのは知ってて、5年の最初の頃キーパーやってもらってた時は、正直、思い切って前に出るという事がなかなか出来なかったけど、その後、練習や試合を重ね(結構強く前に出ろって言った気がする)、勇気を持って前に出て、相手を潰す成功体験を重ねてから飛躍的に伸びたね!その後のキーパーでの守備範囲の広さは、まさに、11人目のフィールドプレーヤー、たちばなの守備の要になった。
また、その勇気はボランチやっても発揮され、相手のチャンスを多く潰した。自信を持っていいよ!
これからも色んな事をチャレンジしてくれ!

 

3.イトウへ
確か、初対面に近かったけど、明治SSSとの練習試合に行く時、藤沢まで、ずーっと喋ってたね。あの喋りは素晴らしい!
イトウの良さは、諦めずに相手に食らいつく動き、ハーフタイムで一番汗をかいてる事が多かった。その諦めない動きは、チームにいい影響を与えていた。
一番と言えば、今年作った菊田コーチデザインの緑のキーパーのユニフォームを着て最初にゴールを守ったのは、イトウだったね。
印象に残ってるシーンは、6年秋の港北区大会、確か、長浜公園での城郷戦でのミドルシュート、めっちゃくちゃいいシュートだったんだけど、ポストに嫌われた。あまりにも、いいタイミング、かつ、ビューティフルなシュートだったんで卒倒した。
秋には、キャプテンをやってもらったけど、しっかり仕事をしれくれた。これからも、その前向きな姿勢をそのまま頑張れ!


4.
サトウへ
この前、練習のゲームで接触プレーで転ばされて、お、強くなってるね〜と思って感動。春の港北区大会でキャプテンをやってもらったんだけど、いつの間にか、キャプテンマークはタナカに、また、円陣の声もタナカに。性格的に遠慮してるのかなぁと思い、つばさ戦で、右サイドでフリーキックをもらった時、左利きのやつに蹴らせたら、「なんで、俺に蹴らせないんだ。俺なら決めてた」と言われ、内なる闘志を感じた。その闘志は、プレーにも表れ、不利な状況でも相手を全力で追いかけ、数々のピンチを救ってくれた。全力で相手を追うサトウは素晴らしいぞ。これからも続けろ!

5.フジカワへ
フジカワは、メチャクチャ真面目にサッカーに取り組んでたね。理解力も抜群で、練習の時に他のプレーの選択肢を言った時の理解は非常に早く、本当に理解してるんだなぁ、っていつも思ってた。
好きなプレーは、まず、相手のパスを読んで、パスカットして展開するプレー、非常に良かった。また、パスカットしてから、直ぐに展開するのでは無く、切り返しを連発して(これがかなり美しい)、相手を交わして、数的優位を作って展開するプレー、このようなプレーを当たり前の様にするのを見てて非常に感心してた。
しっかり、いつもファイトしてた。これからも、遠慮なくファイトして行こう。


6.
タナカへ
タナカとの最初の会話は、5年の最初の練習試合のアップでの「コーチ酒臭い」だったかな。
キーパーかフォワードって感じが多かったけど、キーパーでの良さは、勿論、セービングの良さ、守備範囲の広さ等あるけど、特にいいのは、的確なコーチングだね。これからも、どのポジションやるにしても、そこは意識して欲しい。
一番印象に残ってるのは、5年の時の港北区大会での得点、あの試合は、ポゼッションはどっちかっていうと相手が上で、相手のミスにも助けられたけど、ゼロに抑えてて、後半の10分位だったかな、タナカのミドルが決まって、勝利。タナカの思い切りがいい形で出た得点。思わず、試合後、徳永コーチと握手してた。
これからも、思い切り頑張れ!

7.アリムラへ
6
年になってからは、ディフェンスの真ん中をやる事が多かったけど、メンバーを決める時は、最初にディフェンスの真ん中をどうするかを考えるんだけど、まず、最初に浮かぶのが、アリムラのディフェンスの安定性だったんだよね。本当は、サイドの中盤とかやりたかったかな?
そのディフェンスの安定性は、素晴らしく、この前、練習のゲームで、3回位抜くのを試みたけど、3回とも食らいついて来て、抜けなかったな、スゲーな、こんなディフェンスだったら相手メチャクチャ嫌がるなと思った。相手に食らいつく動きだけで無く、カバーリングの動きも抜群で、多くのピンチを救ってくれた。
印象に残ってるプレーは、秋のFAでの横浜GSFC戦で、相手パスをカットして、逆サイドにフィードしたパス、スゲーカッコいいと思った。
これからも、色々あるだろうけど、持ち前の諦めない姿勢で頑張れ!

 

8.タカハシシュウマへ
真面目、器用とういうのが、シュウマの印象。そういえば、最初の頃、器用なんで、バックやってもらったら、嫌がってたけど、最近ではチームのためを思ってか前向きに取り組んでくれてる。サンキュー!!!
サイドでの相手との勝負、サイドを駆け上がる動きも好きだったけど、印象的なプレーは、秋のFAGSFC戦でのゴール前でのあまりにも惜しいシュートと、この前のFC金目カップでの対犬蔵戦、ゴール前でのあまりにも惜しいシュート。8人制(FA)11人制(FC金目カップ)の違いはあれど、両方ともサイドのハーフをやってて、チャンスにゴール前まで走って行ってシュートを打った。これってなかなか難しいし、ダッシュで走って行ってのシュートは非常に難しい。シュートは、その内入る様になる、安心していい。ゴールを狙う嗅覚の素晴らしいので、そこは続けて欲しい、絶対伸びる。
これからも、ゴール狙って駆け上がれ!

 

9.サガノへ
個人的な話を一つ。俺も40年位前にたちばなでサッカーをやってて、その時の監督(たちばなを作った曽田さんという方、我々はおじさんと呼んでいた)から頂いたメッセージは、確か「最近、お前のプレーに思い切りがない、もっと思い切りプレーしろ!」って感じだったと記憶してる。小学生ながら、よく分かってるなと思った。サガノには、その言葉をそのまま送りたい。
確かに、サッカーやってて、悩むことはあるけど、思い切りやれば、悔いは小さくて済む。っていうか、フォワードなんて、失敗だらけなんで、澄ました顔して、失敗忘れて、次決めたろか位の気持ちで全然OKだよ。
実際、大事な大勝負で、サガノのゴールで勝った事が何度あっただろう。たちばなとしては、10数年振りの対太尾FC戦での勝利つながる得点、強豪揃いのFC金目カップでの、決勝戦につながる3得点は、サガノだ。
さー、気合いれて思い切ってやろう!!!

 

10.ヤセオへ
1
年間、キャプテンご苦労様。素晴らしいキャプテンシーでチームをまとめてくれた。ありがとう!!!(お陰様で、俺はかなり楽出来た)
また、たちばなの代表として、港北区選抜で9番を背負い、横浜北部4区大会、横浜市区選抜少年サッカー大会(マリノス杯)の優勝に大きく貢献した。素晴らしい!!!
攻めの破壊力は抜群で、横浜市ベスト8の美晴SCのコーチ陣から相当恐れられてた。(実際、春のFAではヒヤヒヤしてたらしい)
6
年になって、左足の破壊力も増して、左右両方でゴールを量産したね。
印象に残ってるシーンは、最近では、県大会での角度のないところからのシュート(相手が思わずオーンゴールになりそうだった)FC金目カップでの、キーパー交わして、ラインギリギリからのあまりにも美しいサガノのゴールにつながるセンターリング等々いっぱいあるけど、今でも、シーンとして鮮明に残ってるのが、今年、1月の練習での左サイドからのアーリークロスっぽい浮き玉をトラップして、回転しながら打ったボレーシュートのゴール、プロでも10回に1回位しか出来ないんじゃないかって感じのプレー、実際気持ち良さそうだったなーー。
これからも、フットボール楽しめ!!!

 

11.サコダへ
サコダが、LLの時、犬の散歩で4丁目公園を通ると良くサコダと会って、にこやかに挨拶してくれて、なんか嬉しいなーと思ってた。
L
になって、一緒にサッカーやるようになってからも優しいやつだなぁ、と思ってたんだけど、サッカーのプレーは違って、ファイト剥き出しで、ガツンガツン相手とファイトしてたね、素晴らしい!
一つ一つのプレーにハッキリとした意図を感じたし、自分の意見をしっかり持ってる。この前、練習のゲームの時に、「三木さん、キーパーやってね!!!」と言われた時に、サコダがキッチリゲームプラン考えての発言だなと思って、なんか嬉しかったなーー。
印象に残ってるプレーは、秋のFAの強豪SCH(市長杯3位のチームやで)戦での、前線で相手パスを読んでカットして、そのまま、ズドンとゴールしたプレー、あまりにも美しすぎて、今でも鮮明に覚えてる。
これからも、相手に脅威を与え続けろ!

 

12.タカハシイクトヘ
メガネをしたまま、試合に出ようとして、「チョット待った、メガネ置いてけ」って言ったことが何度かあるけど、試合に出たい気持ちが前面に現れてたってことだね。その姿勢、素晴らしい!
なんか、この前の県大会の後に、風呂行った時に、露天風呂で気持ち良さそうにしてた姿を思い出しちゃうんだよなぁ、ホント気持ち良さそうだったから。
おっと、サッカーの話だ。しかし、イクトは凄い運動量でグランド走ってたな。中盤で出ることが多かったけど、ゴール前で守備してたと思ってたら、その数秒後、前線でチャンスに絡んでいたことが何度あっただろう(逆のケースも良くあった)?ホント感心した。あの頑張りがあれば、どんな困難も大丈夫だ。これからも走り続けろ!

 

28.クラモトへ
クラモトとは、51年間の付き合いだったけど、楽しかったな。
SL
LLの時のプレーを遠目から見てた印象は、とにかく、1人でドリブルで勝負してる印象で、ある意味では、パスするイメージは無かった。
L
になってからの最初の印象は、メチャクチャ、いい時と悪い時がハッキリ分かれるなー、いい時は、ビューティフルミドルを決めたり、メチャクチャいいパスを出したりしてたけど、悪い時は、時が止まった?って位反応が鈍かった。(まー、成長すれば、治るんで心配はしてなかったけど)
今、オーストラリアではどんな感じかな?10番背負ってるんだから大丈夫だろう。
市長杯が最後の公式戦だったかな?1回戦中和田FC戦での先制点の起点となったスルーパスは美しかった。それ以外にも、港北区U-11大会(この年初めて開かれた大会)では、ほとんど攻めの起点はクラモトだったね。
これからも攻め続けろ!

 

29.タケダへ
L
に上がった時、勝手にサイドのハーフだけが得意だと思ってたんだけど、バックをやってもらった時のファイトあふれるプレーに感動。その後は、サイド中心に中盤、ディフェンス出来るユーティリティあふれるプレーヤーになったね。
ディフェンスやってる時にチャンスの時に的確に上がる動きが非常に良かったし、ドリブルで運ぶのも上手かった。素晴らしい!!!
そう言えば、思い出した。5年の時に、三ツ池での港北区選抜との練習試合の時に「メンバー決めました」って、嬉しそうに走ってきた時の姿が忘れられないな。その時のポジションはサイドのハーフだったな。そのまま、提案もらったメンバーで試合をして、港北区選抜相手に健闘したね。
これからも、持ち前のガッツで頑張れ!

 

30.タカハシユウキチへ

ユウキチは、LLの時は、外から見てて、クレバーなディフェンスするなー、と思ってて、実際プレーを見たのが、千代豊川カップ、卒団杯だけど、なんかサッカーわかってるなー、ってプレーが多く感心した。

もっと、感心したのが、千代豊川カップから帰る車の中での会話、ユウキチが色々、問題を出して、同乗者が答えるってのを延々と車の中でやってたんだけど、問題が出る出る、そっちの方も感心した。

おっと、サッカーの話だ。昨日の試合の途中に、トイレに行っていいですか?にはビックリしたけど、千代豊川カップでのサイドを駆け上がり、クロスしたプレー、卒団杯で真ん中のディフェンスにも拘わらず、サイド走りチャンスを作るプレー、大好きだね。

これからも、考えながら走れ!


31.
ハシモトヘ
始めて会ったのは、保土ヶ谷サッカーフェスタだな。普通にたちばなに馴染んでたな。素晴らしい!!!
千代豊川カップでは、足を痛そうにしてたけど、しっかりボールに絡んでいたし、しっかりファイトしてた。

たちばな卒団杯での、ボランチの位置で、相手のボールをパスカットした動きは最高!!!その後のパスにもつなげてた。いいプレーだ。

卒団しても、遠慮せずに、たちばな遊びに来いよ!!!


32.
ヤザキへ
ヤザキは、6年で一回体験に来て、なかなか入ってくれないなー、と思ってたところ入ってくれた。(複数体験に行ってると聞いてたので、心配してたけど、良かった)
入ったのはいいが、ユニフォームがない、急遽、背番号を注文したが、現在と同じデザインの背番号が無く、実は似てるデザインの背番号だった。ユニフォームは新しく、ピッチの中では、メチャクチャ目立ってた。
性格は、真面目な印象。何かコーチングすると素直に頷いてくれた。
試合では、ディフェンスの真ん中をやってもらうことが多かったけど、これが、はまった、はまった。安定感抜群。常にファイトしててスゲー良かった。
これからもファイトし続けろ!

みんなへ
しかし、この時期寂しいね。
今年の6年生は、正直言おう、監督って立場から言うとメチャクチャ楽だった。キャプテンヤセオの元、みんなフットボールに対する姿勢は最高だし、チームとして雰囲気も最高だった。
チームとして、確かに波がある時はあったけど、いつも全体でファイトして戦って、見てて楽しい試合が多かった。
それが、強豪揃いのカップ戦、FC金目カップでの準優勝につながった。
確実に自信を持っていい!!!

これから、サッカーを続ける人、違う事に挑戦する人がいるとは思うけど、たちばなを続けた実績(一つのことを続ける事は実はかなり難しい)、強豪相手にも、力を出し切って試合で戦った実績を自信に頑張って欲しい!!!

日本サッカー協会では、70歳まで、全国大会が開催されている。そう言う意味では、サッカー人生残り約60年だ、頑張って行こう!
俺も、20年頑張る。

最後に、たちばなのLの全面の時間は、土曜日 16:00日曜日 8:30だ。覚えておくように!
Anytime welcome
だ。また、一緒にサッカーやろう!

 

おっと、その前に、卒団前に練習試合を組んだから、みんなで楽しもう!!!

監督 三木

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。