ホーム » 活動報告 » U10クラス » 【U10A】50周年記念大会

【U10A】50周年記念大会

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

コーチ・スタッフ用

【概要】

・日時:平成30年8月19日(日) 9:30~15:30
・場所:下田小学校
・招待チーム:駒林SC、夏山SC、明治フリーバーズ少年蹴球団、山田若竹SC
・方式:15分-5分-15分(8人制)

【結果】

優勝:夏山サッカークラブ

準優勝:駒林サッカークラブ

3位:たちばなキッカーズ(オレンジチーム/U10A)

4位:山田若竹サッカークラブ

5位:明治フリーバーズ少年蹴球団

6位:たちばなキッカーズ(ブルーチーム/U10B)

【U10A(オレンジチーム)結果】

第1試合 vs駒林SC ●1-2(得点:キョウスケ)

第2試合 vs明治フリーバーズ ○4-0(得点:ヒデ、ショウタ、カンタ、ショウキ)

3位決定戦 vs山田若竹SC ○5-1(得点:カンタ×2、ショウキ、タツロウ、アサヒ)

MVP:カンタ

【コメント】

本日は記念すべきTKC設立50周年記念招待試合。ここ2日程、比較的涼しい日が続いており、何とか開催することができました。

メンバーで集まるのは合宿以来2週間ぶりです。アップを始めると皆、欠伸を連発。見るからに夏休みボケ状態。コーチ陣であの手この手で奮起を促しますが、中々目覚めません。

そんな状態で臨んだ第1試合の駒林戦は、キョウスケのAチーム初得点で先制点を取るも、その後は足が全然動かず、逆転を許してしまいました。勝てる試合だったのに残念。

負けが良い薬になったか、第2試合以降は気合満々。相変わらず集中すると別のチームかと目を疑う程、走れて・守れて・声の出るチームに変貌します。残り2試合を大量得点で圧勝。

今回は横浜市大会を目前に、選手達には色々なポジションを経験して貰いました。

■ヒメカ:6月の足の怪我から復帰して久しぶりの対外試合。ヒメカは周りが見えている分、チームメイトの動きに合わせてプレーするスタイル。久しぶりの試合に加えて、ポジションが目まぐるしく変わった今日のサッカーはやりにくかったと思います。しかし、相変わらずの視野の広さ・フィジカルの強さ・足元の正確性を感じさせてくれました。トップはどうだったかな?攻撃にシフトする時に開いて縦に走る動きを身に付けると、ヒメカの足の速さが生かせると思います。

■タツロウ:タツロウは今日の準MVP!!!。春先に苦労していたディフェンシブな中盤ポジションの動きを、よく身に付けたと思います。一つ一つのプレーがチームで最も正確。最近、足がとても速くなって、強い相手に競り負けないね。浮き球に対する対応もぴか一。第3試合で見せた、アサヒからの難しいセンタリングに合わせた20Mダイレクトボレーは最高でした。タツロウがもっと声を出してくれると、チームはもっと良くなります。

■カンタ:誰もが認める本日のMVP。走行量・得点数・アシスト数、全てで№1!!!。最近、とてもフィジカルが強くなって小さいのに全く当り負けをしない(体幹が強くなった証拠です)。そして、とにかく走れる。カンタが必ずディフェンスでしつこく行ってくれたおかげで、防げた失点が沢山あります。加えて、奪い返した後の値千金のスルーパスは、この年代の技術とは思えないもの。声も良く出ていて素晴らしい。今日のカンタに言うことはありません。MVPおめでとう!!!

■ケイト:ケイトは難しいフェイントを使うわけではないのだけど、重心の移動とスピードの緩急だけで相手を揺さぶって抜き去ってしまうことができる(これメッシと一緒です)。たちばなで最も体幹が強いと思います。ケイトがドリブルを始めると皆がワクワクします。もっと自信を持って勝負をしかけてゴールを狙ってOK!。今日は体調も優れず、本調子ではなかったね。ディフェンスでも最終試合のように、強い体幹を生かしてドンドン身体をぶつけて欲しい。相手にとっては脅威だと思います。

■ヒデ:今日はトップ、トップ下と攻撃的ポジションを担って貰いました。ボールキープ力、混戦からの突破力は随一だね。カンタ・タツロウとの相性が良いのは、ヒデの走り出すタイミングとコースがとても良いからです。周りが良く見えている証拠。今日は突然の攻撃的ポジションに驚いたせいか、相手GKとの1対1をことごとく外してしまったけれど、これは「慣れ」の問題です。普段から1対1のシーンを頭で思い浮かべておけば次からは大丈夫。

■アサヒ:アサヒにはヒデに代わってセンターバックをやって貰いました。センターバックは、ディフェンスの要であり、皆に指示を出す難しいポジション。普段はサイドバックで相手に対して自分が猛烈アタック。それとは真逆の動きに、我慢して我慢して、良く対応したと思います。勝負する時はもっとハッキリしたプレー(強い当たり・大きなクリア)を心がけよう。久しぶりのトップでは、爆速を生かしてサイドを「ぶっちぎって」くれました。スピードはどんな技術にも勝る最高の武器。ドンドン伸ばして下さい。

■ショウキ:本当に粘り強い。4年生がバテて動けない時間帯もショウキだけは動けていた。身体が強くて、全く当り負けしないし、ディフェンスに対する意識があることは凄い。走れているから、こぼれ球(セカンドボール)を押し込める。ショウキはトラップを練習すると、急激にプレーが良くなるよ。

■タイガ:今日は自ら強く志願して3試合ともGK。ボールに対する反応、飛び込むタイミング・角度、本当のセンス抜群です。今日、タイガだから防げた失点は4~5点あります。これ、得点に換算したら得点王です。4年生に交じっても全く物怖じせず、一番声を出してくれるのもタイガ。ジャンボキックの質もここ数か月で大きく向上しました。ジャンボキックは、味方の上がるのを待ってから蹴ると、一気にチャンスになるのでやってみて下さい。

■ショウタ:ショウタの最近のディフェンスはチームにとても貢献しています。一度抜かれても、再度取返しに行けるようになりました。スピードがあるから相手にとってはとても脅威。春以降、ショウタの最も伸びたのは「ハート」。元々実力があったので、自信がついたことで、真価を発揮し始めているね。スピードを生かして、もっと縦への突破を仕掛けて下さい。得点につながると思います。

■キョウスケ:初得点、おめでとう!!! しかも相手は優勝チームの駒林SC。キョウスケは攻守ともにとてもガッツがあって、ドリブルがとても上手。ディフェンスでは身体の大きな相手にも物怖じせずに、しつこくいける。しかも体力があって走行量がとても多いので、チームへの貢献度はとても大きいです。攻撃の時は開いてボールを貰う準備をしてみよう。チャンスが増えると思うよ。

■コウタ:コウタはトラップ・ドリブル・パス等の基礎技術が3年生とは思えない程、正確。フリーの味方を探せるだけの余裕があり、周りが見えているところが凄い。今日は、主に中盤をやって貰いました。動きが難しいポジションなので、混乱したかもしれないけれど、タツロウやカンタも最初は同じでした。先輩の動きをよく見て、真似してみて下さい。クレバーなコウタならできるはずです。

最後に、招待試合にご出席頂きました各チームの皆様、保護者父兄の皆様、本日は本当にありがとうございました。地域に根差したチームとして、皆様のご支援の下、これからも「子供達が主役のサッカーチーム」を基本理念として運営して参ります。今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

U10/吉田・浦崎・山田


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。