ホーム » 活動報告 » U8クラス

カテゴリー別アーカイブ: U8クラス

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

【U8】第23回 港北区民サッカー大会 初日

2019年11月2日(土)@菊名小学校

秋の区大会が始まりました。今大会は1チーム15名でエントリー。予選リーグは全4試合。先週の慶應SSさんとのトレーニングマッチや3年生との練習試合で良かったパフォーマンスを継続し、何とか決勝トーナメントに進出したいところ。

第1試合 VS 太尾FC-A  ●0-5

春の区大会、秋の市大会となぜか同じブロックになることの多い太尾FCさん。そんなご縁のある強豪といきなりの対戦。

GKはシンペイ、DFにジュンイチロウ、オウスケを指名しキックオフ。試合序盤から技術に勝る相手に押し込まれる厳しい展開でしたが、2人のDFのみならず全員で良く守りました。試合前の1対1の練習でも「相手が向かう方向に体を入れて邪魔をする」ことをテーマとしましたが、これまでの横からプレスをかけるだけでなく、しっかりとコースに入ってボールを奪う、もしくは進めさせず味方が戻る時間をかせぐことができていました。前半終了間際に失点がありましたが、それまでは集中力を切らさず締まった試合ができていたと思います。失点後は動きも少し落ちちゃったかな。

結果は0-5で完敗でしたが、随所に良いプレーが見れました。シンペイの高セーブや長いパントキックによるチャンスメイク、アヤカのフリースペースでの抜け出し(GKのジャンボへの反応がすばらしい)、ユウシの右サイドでのドリブル(奪われそうなところからさらにドリブルしてコーナーをゲット)、ダイチの切り返しドリブル(正面が混んでいたので空いた横スペースに進んだ判断はGOOD!)等々。目を見張ったのは、DFのオウスケとジュンイチロウ。前半はコーチからポジション修正の指示が飛んでましたが、後半は状況(特にフリーで駆け上がった相手選手)をよく見てバランスを取っていました。強い相手だと、フリーにさせるとすぐ失点につながるので、今後も中央が手薄にならないように、周りをよく見て動いてほしいです。

厳しい試合となりましたが、強いチームはどんなプレーをしているのかを知り自分たちもトライすること、強いチーム相手にも通用したプレー(たくさんあったね)を自信にしてまたチャレンジすること等、この経験をいかしてくれることを期待しています。

さぁ切り替えて、次の試合だ~

福富

 

第2試合 VS 菊名SC  〇3-2 得点者:オウスケ×2、シンペイ

正直、1試合目は良かった。
負けちゃったけど、技術的にもメンタル的にも、春から圧倒的に良くなってる。

これを継続して欲しいと期待しながらの2試合目。
その期待の結果、、、
さらに良くなった!!!
Good Game !!!
Congratulation !!!

GKはリョウマ。自ら志願してやってくれた。
そして、この試合のMVP!!!
ピンチを何点防いでくれただろうか。
センスというか、本能というか、ボールある所にリョウマあり。
助かりました。

試合展開は、以下。

0-1
序盤から押され気味。
何度かゴールネットを揺らされたが、その度にオフサイドで助かる。
そんな感じでしのいでいたけど、ゴール前でフリーにさせちゃって失点。

 

1-1:オウスケ
押され気味だったけど、徐々にたちばなも盛り返す。
そんな中、オウスケがドリブルでするする抜け出してチャンス!
だけども抜け出した先は、利き足でない右方向。
左に持ち直したら取られちゃうなぁ・・・と思ったら、オウスケは右足でシュート。
ゴーーーール!!
右足の練習をしてたんだね。その成果が実りました。

 

2-1:シンペイ
ジュンイチロウの惜しいシュートの直後。
ゴールキックからなんだかんだあって、こぼれ球がシンペイの前に。
それをうまくコントロールして、しっかり体をひねって強烈なシュート!
相手GKが一生懸命防ぐも、わずかにゴールラインを割ってゴーーーール!!
いいキックでした。

 

2-2
さぁ、このまま勝ち切ろうと思ったが、ゴール前の混戦から失点。

 

3-2:オウスケ
試合時間も残りわずか。
一進一退の試合展開から、引き分けもやむなしと思った試合終了2分前・・・。
オウスケが、これまたドリブルで抜け出してチャンス!
今度は利き足の左方向。
相手GKと一対一を豪快なシュートで勝ち越し!!!

3-2:勝利!!!
勝ち越した時点で残り2分ちょい。
なんとか守り抜けというベンチの思いを受け、選手達は一生懸命に体を張って、守ってくれました。
そして、見事勝利!!!!!!!
これで、決勝トーナメントへの道が、少し開けました。

各選手寸評
ダイチ
いつもいい所にいる。ドリブルのチャレンジがよかった。

コウイチロウ
ポジショニングがいい。あとは、もっと体をぶつけていこう。

ジュンイチロウ
これまでのフィジカルの強さに加えて足下がうまくなった。

アヤカ
もっと自信を持ってチャレンジしよう。それだけの実力を持っている。

ユウシ
得点まであと一歩。来週は点を決めてくれ。

シンペイ
2試合目のシュートは素晴らしかった。次もよろしく。

オウスケ
たちばなのエース。何も言う事ない。来週もよろしく。

シンゴ
もっとできる。失敗してもいいからチャレンジしていこう。

ユウキ
今日のU10との試合のようなプレーを期待する。ユウキできるぞ。

コア
まだまだ緊張しちゃうな。いっぱい試合に出て慣れていこう。

リョウマ
今日は助かった。ありがとう!

シンキ
コアと同じ。緊張しないように、いっぱい試合に出て慣れていこう。

 

コーチ・サエグサ

 

【U8】 TRM VS 慶應SS

2019年10月5日(土)@慶應下田グランド
10月とは思えない残暑(なんと30℃!)の中、慶應サッカースクールさんとの交流試合に行ってきました。整備された人工芝とさわやかな大学生コーチに迎えられて子供たちのテンションも上がります。
8人制で15分1本、全5試合を行いました。
1試合目 ○2-1(得点:シンゴ、オウスケ)
2試合目 ○2-0(得点:ツカサ、シンキ)
3試合目 ○2-0(得点:シンゴ×2)
4試合目 ●0-9
5試合目 ○2-1(得点:ユウシ、ジュンイチロウ)
2年生だけで臨んだ1,3,5試合目は、さすがの安定感。滑りやすい人工芝にも順応しサイドのスペースをドリブルで駆け上がりシュートまで持ち込むシーンが何度も。苦しい体制からでもシュートを狙いに行くアグレッシブさは素晴らしい。区大会に向けて、自分が囲まれていてゴール前にフリーの味方がいるときはパスを出すことも考えられるとプレーの幅がもっと広がると思います。
今日のベストゲームは1年生と園児が出場した2試合目(GKとDFは2年生にお願いしました)。2年生の慶應SSさんに臆することなく攻撃に守備にほんと良く走りました。お父さん、お母さんがたくさん応援に来てたからなのか、快晴で最高のグランドコンディションだったからなのか、怖い(?)2年生がいなくて伸び伸びできたからなのか、ボールに対する執着度がいつもの3倍くらい。W杯開催中のラグビーのようにペナルティエリア外からゴールまで5対5のスクラムのような形で押し込みゴールも奪いました。ゴール後みんなで手を挙げて戻ってきたときは嬉しかったなぁ。
今日はみんな良く声が出ていて動きも豊富でした。スピードやテクニックも大事だけど、気持ちが大切なことを改めて実感。もうすぐ始まる区大会、日々の練習から気持ちを入れていきましょう!!
慶應サッカースクールさん、ありがとうございました。
福富

【U8】第51回横浜国際チビッ子サッカー大会 3日目

2019年9月23日(月祝)☀ 強風 @門問小学校
今日は湿度高めで物凄い風。強い風で舞った細かい砂が、ベタッとした身体にへばり付く中、予選最終日残り2戦を10名(欠席2名)で戦ってきました。

 

 

第一試合 対FCアムゼル 0-2
GK セイタ
DF シンペイ、シンゴ
試合前のシュート練。GKのセイタが、手でボールをキャッチした後に、さらに胸でギュッと抱え直す、素晴らしいキャッチング練習。集中していてとってもいい感じ。みんなも気合い十分。
たちばなからのキックオフから開始1分、そのまま一気にシュートまでつながり(惜しくも相手GKの正面)、いい立ち上がり。序盤はユウシ、アヤカが右サイドハーフからGLまで駆け上がり、中に入ってきた選手も声を出してアピールするなど、いい形で攻め上がっていたところに、相手の大きく蹴ったボールがカウンターになり、前半5分、ネット中央にズドーンと入れられ失点。しかし、前半8分、得点のビッグチャンス。シュートを狙える位置でシンゴがフリーキックをゲット。思いっきり蹴ったボールはポストに弾かれ「あちゃー」と思った直後、ゴール前につめていたシンペイが素早く反応しシュートを打つも、相手GKも負けず劣らず素早く反応しボールをキャッチ。目茶苦茶惜しかった。前半終盤は攻められるシーンが続きましたが、セイタが1対1を前に出てクリアしたり、ゴール前で浮いたルーズボールを胸でギュッーとナイスキャッチしたりで、追加失点を防いでくれました。
後半は開始4分に、ゴール左前で右から左斜めにドリブルできた相手に上手く切り返され、その後パスを受けたゴール右ポスト前にいた選手に合わせられ追加失点。その後も枠を外れたシュートを何本か打たれ更なる失点には繋がらなかったが、終了間際、少し遠目からの相手の強いシュートをセイタが足で弾きだしホッとしたのもつかの間、折り返しをまた打たれ、これもまたセイタが胸でしっかりキャッチし、試合終了。


第二試合 対白根SC 0-2
GK リョウマ
DF オウスケ、セイタ
リョウマは「ジャンボが上手く蹴れないし、キーパーは自身がない」と言いながら、緑のキーパージャージにお着替え。「袖が長いし、グローブも臭い・・・」とブツブツ。そして試合開始。なるほど。リョウマはパントキックの際、一度自分の前でボール放して少し弾ませてから蹴っていました。ただ相手によってはゴールキーパーがボールを放した瞬間に素早く寄ってくるので大ピンチにつながる恐れあり。リョウマが何回かそれをやった後、オウスケがリョウマに「ボールはバウンドさせないで蹴って」とやさしくアドバイス。コーチ達がいつも言っている「試合中、お互い声を掛け合おう」が出来ている☆彡 そしてこの試合で本当に光っていたのがオウスケのドリブル。この予選ブロックを5勝1分で優勝した太尾FCのコーチも「たちばなさんの10番はボールタッチが上手い」と言っていましたよ。アムゼルさんとの試合でも多く見られたことですが、目の前にいる選手に向かってボールを蹴ってしまう選手がまだ多いこと。でも圧倒的に負けている感じはなく、あともう一歩だよね。練習で個のスキルも上げていきましょう。ふざけてしまって試合の出場時間が短くなってしまった子は、ピッチに出た瞬間から気持ちの入ったプレーが出せる準備が出来るようにしていこうね。

予選グループの結果は1勝5敗、7チーム中6位でした。遠征にご協力頂いた保護者の皆様、応援にかけつけて下さった方々、審判対応して下さった城さん、ありがとうございました。区大会もよろしくお願いします。

ゆかりコーチ

【U8】第51回横浜国際チビッ子( 2日目)

9月21日(土) 門間小学校

第一試合 対太尾FC 0-3

今日は、同じ港北区の強豪、太尾FCさんとの試合です。

戦前から苦戦が予想されるため、守備の意識を高める指示を出しました。

それは、相手がシュートを打つ時やドリブルする時に、恐れずに相手へ向かって防ごうとする事。

さて、どれくらいやってくれるかを楽しみに試合開始です。

GK:オウスケ

DF:シンペイ、ジュンイチロウ

MF & FW:ユウシ、シュン、アヤカ、セイタ、シンゴ

途中交代:シュン→ダイチ、アヤカ→リョウマ

試合開始早々、やはり相手優勢の試合展開。

しかし、試合開始前の指示を覚えてくれていたのか、今日のたちばな軍は、積極的にプレッシャーをかけにいきます。

ゴール前の混戦でも、DF役のシンペイ・ジュンイチロウを中心に、シュンやダイチも体を張ってシュートブロックしてくれました。

GKのオウスケも、期待通りに相手シュートを何回もキャッチしてくれました。

応援に来てくれた、お父さん・お母さん達からも、今日はみんな集中していい試合だったとのお褒めの言葉をもらうくらい、締まったいい試合でした。

だけれども、100%守り切るのは難しかった・・・。

1失点目

相手選手が左から右へカットインするドリブルを、この時ばかりはプレッシャーをかけられず、フリーでシュートを打たれて失点。

2失点目

これは相手選手があっぱれ。

ルーズボールの浮き球を、左足で見事なボレーシュートで失点。

3点目

相手選手が目の前でシュートを打とうとする瞬間に、たちばな選手、飛び込めずに失点。

ただ試合後に、自分で反省していたからGood。

なんでも最初からうまくいくわけないよね。今日の反省を次回に活かそう。

たちばなのチャンスは少なかったけど、

セイタ・ユウシ・シンゴ・アヤカのドリブル突破

オフサイドになっちゃったけどリョウマの裏への抜け出し

など、いいプレーが随所に見られました。

秋の港北区大会でまた対戦できたら、今度は勝てるかも・・・

そんな香りがプンプン漂ってましたぁ。

コーチサエグサ


第二試合 対FC鴨志田緑 ○6-0

次の試合まで1時間。おにぎりを食べ終わるなりボールを蹴りだす子供たち。この代は休憩時間も遊びでボールに触れてるからどんどん上手くなっていくことを実感。これからが楽しみだねぇ。

さて、次の対戦相手はFC鴨志田緑さん。
第一試合で課題となった、守備のポジション(相手とゴールの間に立ってドリブルやシュートをしにくくさせること)と仲間どうし声をかけあうこと(太尾戦はおとなしかったな)を確認して試合に入りました。

■前半のポジション
FW :ユウシ
MF :ダイチ、シンペイ、オウスケ、シュン
DF :セイタ、アヤカ
GK :シンゴ
スーパーSUB:ジュンイチロウ、リョウマ

キックオフ早々のオウスケ得意のドリブル披露を皮切りに、ユウシの前線からの効果的なプレス、ダイチのバイタルエリアのフリースペースへの駆け出しなど、ゴールを奪うんだという戦う姿勢を見せてくれました。また、中盤の混戦から抜け出すとフィールドプレーヤー全員が反応して一気に駆け上がり、カウンターを受けてもセイタとアヤカを中心に素早く戻ってくるすばらしい集中力で、終始たちばなペースの試合になりました。

2分、4分、9分にオウスケがゴールゲット、前半だけでハットトリック達成。キーパーの位置を確認して落ち着いて決めるところはあっぱれ! 8分には、直前にキーパーとの1対1を止められて悔しい思いをしたユウシが待望のゴール。前半は4-0で終了。

■後半のポジション
FW :リョウマ
MF :ダイチ、ジュンイチロウ、シンペイ、シュン
DF :オウスケ、アヤカ
GK :シンゴ
スーパーSUB:セイタ、ユウシ

後半もたちばなペース。みんな良く走りました。ルーズボールに先に触ることがチャンスにつながることを分かってきたかな。自分もゴールするぞとばかりに中央を突進するリョウマ、中盤で相手の動きをとめるシュンやジュンイチロウのプレーも良かった。後ろから来たボールにシンペイが足を伸ばして自分のボールとしゴールまでもっていったシーンもGreat。オウスケが2分、4分に追加点を獲った後は、我慢できなくなったシンゴが相手陣地まで上がってたね(笑)

最後は、押せ押せでポジション関係なくなっちゃいましたが、これも一人ひとりが得点差を考えた上での判断。状況に応じたプレーができてきたということかな。

課題だった「声出し」について、この試合はパーフェクト。セイタは何度も仲間に指示してポジション修正してたね。勝っているときや接戦のときは自然と声が出るようになったので、逆に苦しい状況のときにも声を出してチームを盛り上げていきましょう。

市大会はあと2試合。この調子で引き締まったゲームをしよう!

福富

【U8】 第51回横浜市国際チビッ子サッカー大会 1日目

2019年9月14日(土) くもり @間門小学校(幹事YSCCさん)

image1 (20)

今大会は、2年生11名と1年生からリョウマの12名登録で挑むことに。初日の今日は、もともとダイチが欠席だったのに加え、前日の連絡でシュンがケガの為欠席、ジュンイチローが発熱、ユウシも体調不良。「ん~、初日からベンチ要員なしか」と思われましたが、ジュンイチローとユウシが元気に復活し参加可能に。良かったぁ~。天気も涼しくいい感じ。今大会を最後に退会が決まっているチアキのためにも、いい試合をしようぜっー(>v<)/

(さらに…)