ホーム » 「招待試合」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: 招待試合

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

【U10】第35回 明治フリーバーズ招待大会 4年生大会

毎年お招きいただいている「明治杯」に今年も参加させて頂きました。普段は対戦する機会のない相手に実力を試せるいいチャンス。いつもはA, Bと別れて活動している4年生が一丸となり挑みました。

予選リーグ:12/7(土)@明治小学校 天候:小雨のち曇り
結果:1勝1分

vs: 明治フリーバーズ少年蹴球団 〇 7-0 (ショウキ、タイガ、コウタx2、ケイタx3)
vs: 清和イレブンサッカークラブ △ 0-0

寒波到来で試合前は雪の予報もあるくらい冷え込んだ中での予選リーグですが、1試合目に得点ラッシュで快勝を収めました。2試合目は前半チャンスから何度か決定機を得ましたがスコアレスドローに終わりました。タイガの前線からのプレスと裏に抜ける飛び出しでチャンスメーク、コウタの正確なボールコントロールやキョウスケとショウタの安定した守備を軸に、ダイゴやアツシといった普段同じチームでプレーしていないメンバーにも得点機会(決めて欲しかった)が訪れるなど全員が躍動し、1位通過することができました!

決勝トーナメント:12/8(日)@明治小学校 天候:晴れ

翌日は晴天に恵まれ、気温もサッカー日和といった好条件。

vs: 横浜F・マリノスプライマリー 🔴 0-4

先発フォーメーション

ダイゴ

キョウスケ コウタ ショウキ ショウタ

ケイタ ソウスケ

タイガ

初対戦となるマリノスさん相手にみんな緊張している様子。しかしいざ試合がはじまると前からプレスに行き、じっくりつなごうという意識が高い相手をてこずらせる展開に。タイガの数多くのスーパーセーブと中盤とDF陣の粘りのディフェンスで開始10分はスコアレスで進んだ。特に左サイドのキョウスケは相手のウイングのドリブルを制圧するなどサイド攻撃を封じる活躍。ショウキは縦横無尽に走りまわり相手とのデュエルで負けていなかった。しかしドリブル中央突破から先制点を許すと、追加点を奪われ0-2で前半を折り返す。後半はいつもの3バックにシステムを戻したが相手の猛攻を止めることはできず0-4で終戦。チームの完成度の差は大きく、決定機をつくることはできなかたった。しかし差を体感することができたのは大きな財産になりました。

vs: 湘南ルベントスポーツクラブ 🔴 2-3 (タイガ、ショウキ)

先発フォーメーション

タイガ

リンタ コウタ アツシ

ダイゴ キョウスケ ソウスケ

リクハ

気を取り直して最終戦。前半完璧なタイミングで裏に抜け出したタイガが先制点。先発メンバーは相性がよかったのか非常に全体のバランスがよく、タイガが前からプレスにいくと後ろの3人も連動してボールを奪いに行き、前半は試合の主導権を掌握した。コウタは司令塔としての役割をこなし、リンタとアツシもサイドから攻撃を活性化し躍動。前半は完ぺきに近い出来で1-0で折り返す。
後半は一転防戦に。同点弾を献上して悪い流れになったが、ショウキが意地の1発。しかしその後悪い流れを止めることができず2失点してしまい、2-3で敗戦してしまいました。

総評:
4年合同チームとして準備期間がなく、ぶっつけ本番で臨んだが非常に良いコンビネーションが随所に見られました。対戦したことのないチームや普段と違うチームメートとプレーすることは素晴らしい経験になりました。MVPはDF面で光る活躍をしたキョウスケがゲット!!

 

【U12】第9回なぎさカップ(国際交流の部)

■日時:12月14日(土) 9:45~
■場所:金沢海の公園なぎさ広場
■天候:晴天
■形式:8人制(10分-コートチェンジ-10分)

本日はなぎさカップに参加して参りました。
なぎさカップの凄いところは「国際交流」をテーマにしており、本日もドイツ学園さん、東京フランス学園さんの子供達とプレーできることです。
選手達も試合前から「背大きいのかな?」「緊張するね~」と楽しみにしていたようです。
横浜市大会も「国際ちびっこ」と銘打っているのはTKC創業者の曽田さんが国際交流を進めるべきと先進的な理念を持っていたことに所以するそうです。
さて、試合はどうなったでしょうか?_20191215_065146

(さらに…)

夏山SC創部45周年記念大会 5年生の部

■日時:12月1日(日) 9:20-15:35
■場所:逗子高等学校
■天候:曇ちょい晴れ間
■形式:8人制(20分1本)
■参加チーム:夏山SC、長井ウィングス、FC高坂、東汲沢SC、横浜東SC、たちばなキッカーズ

本日は夏山サッカークラブさんから創部 45 周年記念大会にご招待頂きました。
夏山 SC さんとは 40 年来のお付き合いだそうです。
前日のかじがや杯に出場した5年生のヒデとヒメカが体調崩して、欠席。う~ん、いたいっ!
寒風が吹きすさぶ中での試合だったので、体がきつかったかな。
でも、U10B の 4 年生の力を借りて、5 試合に挑みました。
勝田杯に続き一緒に戦います。彼らの成長も楽しみです。

   

今日のテーマは以下の通り。

■5年生:4年生に早く・分かりやすい指示をだすこと

■4年生:次の次を予想して動き、声を出して「ヘイ」と呼ぶこと

往路は心配された渋滞もなく、相当早く会場に到着したので、念入りにアップをした上で
動き方の意識統一をする為に「サッカー将棋」を沢山行いました。
サッカー将棋とは、サッカーフィールドの形をした板(戦略板)の磁石(プレーヤー)を
“全員の意見を一致させて”動かしながら守備や攻撃をする遊びです。
プレーヤーを動かす都度、動かす理由を選手達自らに言葉に出して説明して貰い、チーム内で認識の共有化を図ります。
短い時間でしたが動き方が共有できたかな?

(さらに…)

【U12】かじがや招待杯:最終日

■日時:12月1日(日)

■場所:宮崎中学校

■天候:晴天

■形式:8人制
決勝トーナメント(15分-5分-15分)
決勝戦(20分-5分-20分)

天候に恵まれた最終日。宮崎中学校で第18回かじがや杯、決勝トーナメントが行われました。昨日の良い流れをそのまま、優勝を目指したいところ。いつもの元気で寒さを吹き飛ばして頑張ってほしいー

試合前のMTGではいくつかの約束事項を確認。三木監督が久し振りのベンチ入り、面白い1日の始まりです。とにかく選手のモチベーションをあげるのが上手です(^-^)v そして関谷コーチがお忙しい中、途中から参加してくれました。ありがとうございます。みんなで頑張りましょう(^-^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■決勝トーナメント1回戦 vs.武山キッカーズ
○1-0 得点:フウマ

【スタメン】

FW       フウマ
MF トモハル  タクマ  ユウト
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

采配:三木監督     川村コーチ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■決勝トーナメント 準決勝 vs大谷戸SC
○2-0 得点:タクマ トモハル

【スタメン】

FW       フウマ
MF トモハル  タクマ  ユウト
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

<交代>
ユウト→アツヤ

采配:三木監督     川村コーチ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■決勝トーナメント 決勝戦 vs二子玉川SSS
○5-1 得点: トモハル ユウト フウマ×3

【スタメン】

FW       フウマ
MF トモハル  タクマ  ユウト
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

采配 : 三木監督    関谷コーチ    川村コーチ

最優秀選手 :  リッキー
優秀選手 :     フウマ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の涙のミーティング、コーチ大袈裟だよね!それは、さておき。。
今日は、何が良かったのかな~と分析してみました。良く動けていた事とボールをどこで奪うかが明確になっていたことが、勝因かもしれません。
みんながピッチで自主的に、プレスをかけて連動出来た事が素晴らしかったです。①フウマが、相手のセンターバックにプレッシャーをかけます。
②トモハルとユウトは、3バックのサイドDFにプレスをかけて、そこでボールを奪う。③そこでプレスを剥がされても自慢の3バック(ショウヨウ、リッキー、リュウト)が、相手のサイドMFを完全にシャットアウト♪
タクマは、守備では苦労していたね。何故なら君のポジションのマークは、基本、選抜に選ばれているエースが多いからです(^-^)v
今日のこの経験、なかなか出来ないよ!あれっ、先週もうまい選手と対戦してたっけ。相手エースを完封するまでは少し時間が掛かりそうです。どこにボールが来るのか?相手のエースを自由にしない為にはどうするか?先に答えを言います。前を向かせない事。振り向かれて前を向かせると凄かったね、決勝の相手の12番、ドリブルのフェイント(インサイド+インサイド+アウト)緩急で交わされて、2人目も追いつけない、3人目が行っても交わされていたよ。そしてもう1つ、キックフェイントに引っ掛かり過ぎです。トモハルが試合中、タクマに言ってたよ。「飛ぶなよ」 って!その通り。何で飛んだらいけないんだろー 次のプレーに移るのに時間がかかるからです。タクマが飛んでいるうちに、相手は切り返してから決定的なスルーパスを出しているかもしれません。簡単にフェイントに引っ掛からないようにしましょう。どうやったら引っ掛からないのかな?それは、次に相手がどうするか予測をする事。姿勢を低くして相手がボールを保持しているとき、ボールを見ましょう!ボールを見ていない。なんとなーく、相手を追いかけたDFをしているのが問題。優勝したのにこんなに言ってごめんね(>_<)今後のタクマに期待しているから、アドバイスだよ。昨日、今日と2日間走りまくったので少し漫画「アオアシ」18巻をgetして一旦、リフレッシュしましょう!今日は、お疲れ様(^-^)v

トモハル、完全復活だね!何が良かったんだろー
守備をやる事により、うまくゲームに入れた事かな。チームの為に、献身的にプレーをしていると良いタイミングで、君にボールが集まっていたよ。いつも守備をサボっている訳ではないけど。。後、うまくいったのには理由があります。
相手DFが2人いるところに無理にドリブルで突っ掛けてないからです。相手DFが2人いても仕掛けて良いエリアは、ペナルティーエリア付近です。相手の股を抜いたり、ドンドン仕掛けましょう!仕掛けたら、PKをgetできるかもー(^-^)/

フウマ、DF頑張っていたね。継続性が大切です。センターバックにプレスをかけた後、サイドバックまでボールを追いかけたね!君のスタミナにはビックリしたよ。現代のFWは、守備ができないと話になりません。良くやっていました(^-^)v1つストロングポイントを持っていると、サッカーが楽しいでしょう。右足のキックは上手なので、左足のキックを練習しましょう!あと最近、ボールを持った時やトラップでの遊び心がないよ。コーチが伝授した切り返し、使ってくれないなあ~

リョウゴウ、足が痛いからキーパーをやってもらってます。今日のアップで三木監督のシュートを横っ飛びをしていたね。シュート練習では、ビックセーブの連続でした。いっぱいシュートを受けるのが、上達の秘訣みたいだね。試合中でも、コーナーキックに積極的にチャレンジしていたし、今日は当たりまくっていたね。最終ラインの裏に抜けたボールを忠実にクリアしていました。クリアボールを味方に狙えたら、ワンランクレベルが上がるね!今日は、珍しくリョウゴウ以外のメンバーもハーフタイムにコーチの話を真剣に聞いていました。みんな、いったいどうしたー
いきなり真面目にならないでください。らしくないよ(*_*)

ユウト、最近弱々しいけど気にしなくて良いよ!たまたま、相手選手は体の成長が早いだけ。子供の体の成長には個人差があります。高校生くらいにピークに持って行くので、今は基本のトラップとシュートを練習しておくと必ずいつかいきるはずだよ。焦らないでね。優勝メンバーの一員だし、点も取れたし良かったよ(^-^)vコーチについてこい!

みんな優勝おめでとう(^-^)/

次の区大会や、招待試合もまだまだ続きます。怪我をしないように体のケアをしっかりしましょう!お風呂あがりのストレッチや練習&試合後のアイシングも大切になります。後、ボールの空気があまい選手が結構います。空気圧は、自分で管理するのも大切な事です。コーチがいるときにお願いしてみたらどうかな?試合球と同じ空気圧にしておかないと、試合でボールをうまく蹴れないよ!

川村コーチ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

U-12選手諸君、第18回かじがや招待(U-12)サッカー大会 優勝おめでとう!
昨日の予選は、川崎ウイングス相手に初戦をものにして、2戦目、県トレセンの30番、メチャクチャ上手い9番擁するかじがやFCに勝ち切れず、2位通過で予選突破。
今日の組み合わせは、Cブロック1位通過の横須賀の強豪武上キッカーズ、勝っても、Aブロック首位の大谷戸SC、強豪相手の戦いが続くことが予想される中、最初、自分も興奮してしまった。ウチノがファールスローを取られた時に、”小学生じゃねーんだから!!!”と言って、冷静に考えたら、ウチノは声変わりしてるけど、小学生であることを思い出し、”あ、小学生だな!”と言って冷静を取り戻した。
今日のみんなは連動してたな!、1回戦の武上キッカーズ相手の最初はチョット物足りなさを感じたが、徐々に良くなって来て、タカセキのチェースに連動してみんながチェースして高い位置でボールを奪うことを徹底していた。素晴らしい!
横須賀の強豪武上キッカーズ相手に、後半、タカセキが1点をもぎ取り、”0点”に抑えて 1-0 勝利、これは、タカセキのシュートも素晴らしかったが、その下のセキモト、両サイドハーフのクラモチ、タカガキの守備の意識が高かったのと、後ろの3枚、ウチノ、タカハシ、カワムラのカバーリングが最高だったのと、霊長類最強のゴールキーパーに安定感があったからだ(昨日、集中が切れる場面があってチョット不安だったが、今日は集中力が切れなかった)、素晴らしい!!!
準決勝は、大谷戸SC、これまた強豪、まず、タカハシがじゃんけんで勝って、相手に白のユニフォームに変えさせて、幸先のいいスタート(これで、タカハシは日本で一番じゃんけんに弱いやつでは無くなった、サガワの”グー”を出せというアドバイスが効いたのかもしれない)、円陣は、セキモトを中に入れ、”絶対勝つぞー”の後に、みんなでセキモトを軽く蹴るっていう感じでいい雰囲気作りしてゲームスタート、イーブンな感じでお互いチャンスを作れない中、一瞬のスキをついて、セキモトが得点(よく決め切った)、タカガキが追加点で、2-0 勝利、決め切ったやつも凄いけど、”0点”に抑えたディフェンス、カワムラ、タカハシ、ウチノ、霊長類最強のゴールキーパーも凄くね、強豪相手2試合で、”0点”だよ。この試合の前に、キャプテンタカハシが足が痛いと言って心配したが、問題無かった。また、この試合で右サイドに入ったサガワもいつもに増して守備の意識が強く素晴らしかったな!
決勝は、すげーフィジカル強い12番擁する二子玉川SSS、かじがやFCに勝っての決勝進出、しかも、たちばなは少ない人数で強豪相手に2試合、しかも、決勝は20分ハーフ、疲れが出なきゃいいがと思っていたが、セキモトを軽く蹴る円陣で気合注入、前線からのチェースは途切れず、タカガキが先制点をもぎ取り流れに乗り、タカセキのハットトリック、今日のみんなの連動を象徴するような、前線からのチェース、相手のパスを読み切って、クラモチのゴール、前半だけで、5-0で、後半、1点入れられたけど、相手12番にはほとんど仕事をさせなかったのが大きく、そのまま勝ち切り”優勝”。凄くね!
今日のU-12選手は最高だったな、タカセキの決勝でのハットトリックも凄かったが、武上キッカーズ相手の唯一の得点をたたき出したのは素晴らしい! クラモチ、タカガキの両サイドは、守備の意識強く上下に走りまくり、タカガキの決勝での先制点は優勝への勢いをもたらしたし、クラモチの決勝でのダメ押しの得点は、高い位置でボールを取って奪った得点で、今日のみんなの凄さの象徴だったな! 右サイドをやったサガワも今日はメチャクチャ上下動繰り返し、あれが出来れば安心、安心って感じのいい動きだった。 セキモトは、決勝で、セキモトの1.23倍背の高いエース相手にかなり苦労したけど、やり切ったし、準決勝での先制点は、チームを決勝まで導いた、素晴らしい!!! ディフェンス陣は、本日、”失点1”、まったく集中切らさなかったな、ウチノサイドも、カワムラサイドもほとんど危ない場面も無かったし、中盤のカバーも最高。キャプテンタカハシの1対1で負けない力も素晴らしかったが、カバ―リングも素晴らしかった。さすが、最優秀選手! 霊長類最強のテラサワは守備範囲が広いのも良かったし、危なげなかったな(これがキーパーへの最高の褒め言葉)、1つ不思議だったのは、疲れてるはずなのに、最終戦が一番ゴールキックが飛んだんだよね。後から、聞いたら、トレシューからスパイクに履き替えたからとのこと、テラサワ家は、新しいスパイクを購入する家族会議が必要か?
いずれにしても、U-12選手諸君、今日は、非常に難しい試合を全部ものにした、先週の2万倍位成長した感じだな。自身を持っていい!お前らは凄いんだと!
U-12選手諸君、第18回かじがや招待(U-12)サッカー大会 優勝おめでとう!

監督 三木

_20191201_193946

ニコがいないとコーチは、さみしいよ(..)

【U12】かじがや招待杯(初日)

■日時:11月30日(土) 8:30~12:30

■場所:宮崎中学校

■天候:晴天 強風 寒い

■形式:8人制(20分-5分-20分)

桜並木集合、6時45分。朝早い集合でしたが、車で15分。初日は、U-12メンバー(6年生、5年生)2日目は5年生は他のカップ戦に参加。最終日は6年生の実力が試されます。乞うご期待下さい!
しかし~~ 初日ニコ選手、体調不良で不参加(>_<)
アツヤもいない~(;_;)

試合前のMTGではいくつかの約束事項を確認。1試合目、采配担当:関谷コーチから戦術確認をして試合にGo~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手足が凍える冷たい風の中、宮崎中学校で第18回かじがや杯が行われました。2日間に渡る大会の初戦は、川崎ウィングスさん。区大会の良い流れの中、今回のカップ戦も優勝を目指したいところ。いつもの元気で寒さを吹き飛ばして頑張って行こう!

【結果】 vs川崎ウイングス ○ 5-1 得点:フウマ×3、 ケイト、トモハル

【前半スタメン】

FW       フウマ
MF アサヒ  トモハル  タツロウ
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

交代
アサヒ  ⇒ カンタ
タツロウ ⇒ ヒメカ
フウマ ⇒ ケイト
カンタ  ⇒ ヨシヒロ

【後半スタメン】

FW       ケイト
MF アサヒ   ヒデ  タツロウ
DF タクマ  タカリキ  ユウト
GK       ショウヨウ

交代
アサヒ  ⇒ カンタ
タツロウ ⇒ ヒメカ
タカリキ ⇒ フウマ
ケイト ⇒ リョウゴウ
リョウゴウ ⇔ フウマ(ポジションチェンジ)
ユウト ⇔ リョウゴウ(ポジションチェンジ)
フウマ ⇒ ヨシヒロ

 

たちばなキックオフで試合が始まりました。試合開始バイタル右後方でショウヨウが足を引っ掛けられてフリーキックのチャンス!キッカーは、フウマ。絶好の位置から蹴ったボールは惜しくもゴール頭上へ。更に右サイドのショウヨウから前線のタツロウにスルーパスが通り、チャンスに!序盤からほぼ相手陣地でプレーする展開となり、ゴールの予感がしてきた前半4分。左サイドに展開したトモハルから、バイタル中央のタツロウにスルーパスが通り、ボールをキープしたタツロウからフウマにパスが繋がり、フウマが相手DFをかわしてのシューーート!見事にゴール左のネットを揺らし、先制点を決めました!!!更に前半5分。ショウヨウからのゴール前のロングフォードに走りこんだフウマが相手キーパーより早くボールに触り、そのまま相手キーパーをかわしてシュート!そしてゴーーール!!本日2点目。その後も右サイドタツロウからのクロスや、惜しくもオフサイドになったフウマの飛び出しなど、追加点が入りそうな雰囲気の前半10分。相手ゴールキックをカットしたトモハルが、そのままフリーの状態でシュート!冷静に3点目を決めました!!このままたちばなのペースが続くかと思われた前半13分。バイタル中央付近から一瞬の隙をつかれ、ミドルを打たれて失点。しかし前半16分。左サイド奥に切り込んだトモハルからゴール前のケイトにグランダーのボールが入り、そのままケイトがダイレクトに合わせて4点目を上げました!!
後半も、たちばなのペースで試合が進み、リュウト、タカリキのドリブルでの中央突破、ヒデからアサヒへのスルーパス、タクマのゴール前に切り込んでのシュート、ゴール前のクロスボールにあわせたヒメカのシュートなど、終始攻め込む時間が続いた後半15分。コーナーキックをヘディングで合わせたフウマが本日5点目を決め、この試合もハットトリックの活躍となりました!試合終了間際には、ヒメカが最後まで追ったゴールラインを割らずに残したボールから、ヨシヒロに繋がったゴールまで後一歩のプレーに、ベンチは大きな声援に包まれました。
そのまま試合が終了し、初戦は5-1の快勝!!ちょっとしたミスで危ない場面もありましたが、みんな集中力を切らさず、最後までプレーしていました!この調子で次の試合も勝利し、予選リーグ1位通過を目指して行こう!!!

采配:関谷

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■第2試合 vsかじがやFC ●2-4 得点:ヒデタカ×2

<前半スタメン>

FW      フウマ

MF タクマ  トモハル  ユウト

DF リュウト  リキ  リョウゴウ

GK     ショウヨウ

<交代 ポジションチェンジ>
前半5分:リョウゴウ→アサヒ
ポジションチェンジ:リュウト右DF、アサヒ左DF
ハーフタイム:ユウト→ヒデタカ

<試合経過>

前半7分、中学校のゴールが大きいので混線からシュートを打たれ、サイドネットにコロコロシュート。失点▲
→ゴールが大きいので、明日はいっぱいシュートを打ちましょう!

前半10分、アサヒのサイドから珍しく縦に突破されてクロスに合わされ失点▲

(ハーフタイム)

・相手の30番、ボランチを自由にしない事。大型ボランチ、ボール扱いが上手。23番もうまそう。
・ユウト、ラフプレーをしそうになっていたので頭を冷やす為、交代。→相手を削る行為は、ダメよ!ダメ ダメ~ 常にフェアープレー精神で望んで下さい。相手がいないと試合が出来ません。いつも心は熱く、頭は冷静に!
・吉田コーチから、前線の選手(トップ、サイドMF)は、ボールが来たら前に行かずに2~3秒、ボールをキープして味方にボールを預けましょう。味方の押し上げを待ちましょう。そうする事により攻撃に幅がでます(色々な攻撃ができる)
・足の速い選手が右サイドにいます。縦に抜かれない事。
前半:0-2

<後半スタメン>

FW      フウマ

MF トモハル タクマ  ヒデタカ

DF アサヒ  リキ  リュウト

GK     リョウゴウ

<交代>
後半15分:フウマ→ショウヨウ

<試合経過>

前半5分、ヒデタカが押し込み。ゴール~
前半8分、トモハルのクロスにヒデタカが合わせて、ゴール~

2-2に追い付く(^-^)/

たちばなの勢いでゲームが進んでいましたが、
後半10分、バイタルエリアでミドルシュートを打たれる。リョウゴウ中途半端な対応で手を出しただけで、ゴールを許す!失点▲
キーパーは、いつも集中をしていましょう。集中を切らす時間があります。後、中途半端な対応するなら、横っ飛びをして体を張ってみてね!最後の砦は泥臭く、体を張るのが仕事です。

後半12分、本気を出した相手30番にバイタルエリアで強烈ミドルを打たれ、神様コースに叩き込まれる!失点▲
タクマ、相手のキーマンに仕事をさせないのが、ボランチの役割。簡単に打たせない。タクマが抜かれたら、リッキーがカバーリングしてね。それが、チャレンジ&カバーです。明日、期待してます(^-^)v
試合終了~

<試合後、涙のミーティング>
今日は、ボールポゼッショも相手が上だったね。まずは、相手の方が強かった。負けた事を受け止めましょう。試合後、長いMTGを行いました。何人かに相手の感想を聞いたところ、まさかの発言。「大した事なかった」と、発言した選手が6年生で数名いました。キャプテン~、キャプテンがそんなコメントをしてどうする。負けるという事は、何かが足りなかった。相手の方が強かったとおもいます。サッカーは、個人競技ではないので味方のミスをカバーしたり、ミスした選手の気持ちに寄り添ったり、励ましあったりするチームプレーが必要です。本当はめちゃくちゃ悔しくてそんな発言をしたとおもう。
→そうであってほしい。
その後、色々な場面の反省をしていたら、目の前でトモハルが何か言いたそうな顔をしている。聞いてみたら「悔しいです」と、涙ぐみながら一言。
→コーチ、ドラマ「スクールウォーズ」を思い出す。ラグビーだけど。。笑 私は、滝沢先生かな~
トモハル自身、久しぶりに輝いていて活躍していたゲームだけに勝ちたかったんだろうね。
→明日もトモハルに期待してます。君は、選抜選手だから、明日はハットトリックだね。たまには、トップやるかい?

コーチ陣、全員、みんなに対して、0-2から追いついた、みんなは凄いと感じてます。いつの間にかチーム力が上がってるね。こんな事は今までなかった。自信を持ってほしいです。負けているなかでも、諦めないでチームとして戦えていました。本当に素晴らしい。Bグループで2位通過しました。おめでとう(^-^)/
明日は、決勝トーナメントで2回勝ったら、今日のリベンジが出来ます。明日に備えて、下小に戻って練習だー

おっと、大事な事を忘れていました。ヒデタカ、凄かったね!チームに勢いをもたらす、ドリブルからのクロス&シュート。ヒデのプレーが、沈んでいたチームに勢いをもたらしていたよ。2得点は、ビックリ(^-^)v交代出場した選手は、チームの流れや雰囲気を変えるプレーを求められます。今日はお見事。流石です♪2得点で満足しないでね笑
次は、ハットトリックを目指そうー

今日は、午前で予選リーグが終わったので、疲れていなくて、用事がないメンバーは
15時、下小集合ー

今日の反省は、すぐグランドでやりましょう~

采配:川村コーチ_20191201_001934