ホーム » 2014 » 2月

月別アーカイブ: 2月 2014

【L】丸山台SCメモリアルカップ

16-P1170283

本日(2/22)、日頃よりお世話になっている丸山台SCさんの主催する丸山台SC卒団メモリアル杯に参加しました。
参加6チームが2組にわかれて予選リーグを戦い、3位同士の順位決定戦と1位2位による決勝トーナメントへという試合方式です。

会場へ移動中ちょっとしたアクシデントがあり参加選手13人中5人が遅れて到着するはめになってしまいました。
幸い8人制だったので、予選第一試合(8:45キックオフ)は予定通り開始されました。対戦相手はFC野庭さん。
しかーし! メンバーは8人中3人が受験長期休会明け、案の定前半終了時点で0-2のスコア。
ハーフタイム突入直前にアクシデントに巻き込まれた5人が到着。
後半は大幅にメンバーを入れ替えて臨む。その結果、頼れるキャプテン拓也が後半の半ばとロスタイムに1点づつを取り、なんとか引き分けに。

参加メンバーが揃ったところで、改めてキャプテン拓也を中心にスタメン、ポジション、選手交代は選手達の話し合いで決めるよう担当コーチの伊藤より指令が出される。
(さらに…)

【SL】GP Cup 1年生大会 2014年2月2日(日)

本日は、体調不良者が多く、2年生(たいすけ・せっきー)に助っ人をお願いしました。

よって、オープン参加という扱いになり、公式記録は全敗となっております。

■予選リーグ

【1試合目】

VS さぎぬま 2-1

<得点>

しゅうま×2

 

【2試合目】

VS 林 1-1

<得点>

しゅうま

 

【3試合目】

VS 星が丘 0-2

 

【リーグ戦結果】

1位:星が丘

2位:林

3位:たちばな

4位:さぎぬま

※ただし、前述の通り、公式記録は最下位。

 

 

■決勝トーナメント

【1回戦】

VS 成瀬 3-1

<得点>

しゅうま×2、せっきー

 

【最終戦】

VS 黒滝 5-2

<得点>

せっきー×3、たいすけ×1、しゅうま×1

 

 

■総括

全試合を通じて、しゅうまが中心となった試合運び。

ドリブル突破のゴールあり、フリーキックからのゴールありと大活躍。

 

たいすけ・せっきーは、ドリブルとパスの使い分けができ、2年生らしくクレバーなプレー。

また、助っ人として、GKも多くこなしてくれた。本当にありがとう。

 

りょうきちは、こぼれ球に誰よりも速く寄り、危ないシーンで誰よりも早く戻り、豊富な運動量で支えた。

何本か惜しいシュートもあったが、GK正面だったり、ポストに嫌われたりで、残念ながら無得点。

 

かおるは、安易に相手ドリブルへ飛び込まず、ワンサイドカットで危険なゾーンへ入り込ませない。

本能のプレーだと思うが、センスを感じる。

 

ともやは、スイッチONになった瞬間のスピードとボール奪取は秀逸。

しかし、スイッチOFFの時間帯が長いのが残念。

キック力もあるし、空中のボールを捕らえる技術もあるので、今後に期待。

 

あいは、センターサークルでのかわいいダンスで、ベンチ・応援席を和ませる。

楽しそうなのがなにより。

 

 

■優秀選手

<2年生大会>

福富大樹、福田蓮音

 

<1年生大会>

高田脩真、高橋諒吉

SL 三枝

【SL】GP Cup 2年生大会 2014年2月1日(土)

■予選リーグ

【1試合目】

VS 千葉北 8-0

<得点>

だいち×3、えいと、あおい、こうしろう、とうま、たいすけ

 

だいちは、ゴール前で冷静なシュートを次々と決める。たいすけは、見事なミドルシュート。

 

【2試合目】

VS 大根 1-1

<得点>

とうま

 

相手クリアボールの浮き球を、とうまがナイスボレー。1点返された後、カウンターで何度も得点チャンスあるも、ものにできず。

全般的に劣勢に立たされたが、勝てた試合だった。

 

【3試合目】

VS バディーB 0-6

 

守備的に試合へ臨むも完敗。しかし、球際で体を寄せる、シュートのブロックに入るなど、要所で好プレーは多々見られた。

 

【リーグ戦結果】

1位:バディーB

2位:たちばな

3位:大根

4位:千葉北

※得失点差で大根を上回り予選2位通過

 

■決勝トーナメント

【1回戦】

VS 原FC 0-4

 

開始早々のチャンスを決められなかったのが悔やまれる。あれを決めていたら、試合の流れは違っていたかも。残念。

 

【最終戦】

VS 北の台 2-2 (PK 3-4 負)

<得点>

れのん、えいと

 

数少ないチャンスをものにできた。れのんは、センタリングを効き足でない左足で合わせてゴール。

えいとは、ドリブル中央突破から、豪快なシュートでゴール。しかし、PKで敗戦。

 

■総括

強いチームとは、キック力の差を感じた。たちばな選手は、まだまだトゥキックが多い。これを克服する練習が必要と考える。

 

SL 三枝