ホーム » 2019 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2019

新入部員大募集!!

体験・見学いつでもOK!
⇒ こちらをご覧ください。
img_7759_xlarge

【U12】区大会決勝トーナメント

■日時:12月15日(土) 10:20~
■場所:常盤公園グランド
■天候:晴天
■形式:11人制(20分-5分-20分)

本日は区大会決勝トーナメントに参加して参りました。
昨日の国際交流試合での勢いをそのままチームとして戦ってほしい。トーナメントなので負けると終わりなので、今日は勝ちに行きましょう。
ピッチは、砂が多くてグランドはボコボコ。ゴール前は砂場みたい。_20191215_182556

【決勝トーナメント:1回戦】
vs 大豆戸FC B ●1-5 (得点:トモハル)

〈スタメン〉
FW       フウマ
MF   ユウト トモハル ヒデ
MF     ニコ  タクマ
DF アサヒ リュウト リキ ショウヨウ
GK      リョウゴウ
交代:ニコ⇒タツロウ、ユウト⇒ケイト、ショウヨウ⇒アツヤ

<得失点シーン>
■前半2分(▲1点):自陣右サイドのショウヨウ、ヘディングでクリアをしてタッチラインに逃げておけば良かったが、判断が遅れた隙に相手快速FWにボールを奪われ、タカリキが間に合わないタイミングで、キーパーと1対1を決められ失点。
■前半12分(▲1点):相手のチョロチョロシュート(^^;キーパー楽勝にキャッチかなと思っていたが、リョウゴウが先にゴール前で横になっている??何で??屋内でやる似たようなスポーツをテレビで観たことがあるけど。。止めてくれたらOKなんだが、グランドがボコボコなイレギュラーなゴール前では、バウンドが変わりリョウゴウの頭の上を通過。失点。たぶん緊張からくる焦りで先走ったんだね(*_*)ドンマイ これも経験。
■前半15分(+1点):リッキーの優しい縦パスを受けたトモハル、ナイスタイミングで相手DFラインの裏に抜け出してキーパーと1対1。ゴール(^-^)v

前半 1-2

■後半2分(▲1点):ショウヨウが、ボールウォッチャーになり、自分の裏のスペースをやられ、またまたキーパーと1対1を決められる。区大会予選の初戦を思い出します。ショウヨウの弱点だね。攻撃に意識を持っている時に、相手のマークを見失いスルーパスを出される。これをやられると厳しい(..)失点。

■後半10分 13分(▲2点)立て続け失点。

・後半15分、トモハルが蹴ったボールが相手の手に当たりハンドの反則。キッカーは、その場で三木監督ご指名のユウト。キーパーが右サイドに横っ飛びー
ユウトのキックは、キーパーに読まれた結果、枠の外にダフる失敗。
トモハル、ごめんね(;_;)次から自分の意思を表現して欲しい。「俺が蹴ります」と。ユウトは、大事なところで最近勝負弱い。自分でストイックに練習をして自信をつけてほしい。放課後、毎日30分。シュート練習してください。

<川村コーチ総評>
今日はチームとして負けて悔しいですが、大豆戸FC相手にいつもより良いプレーをしていた選手を紹介します。1人目、トモハル。11人制のトップ下、抜群に良かったよ(^-^)/試合後、大豆戸FCコーチが誉めていました。流石だね。選抜選手に相応しいプレーでした。ドリブルの切れ味が凄かった。うまいね。2人目、タクマ、ボールを奪った後、ドリブルのスピードを落としていたから味方を探しながら、ボールを運べていました。ちょっと気になったんだけど、たぶん、たちばなの選手は味方がボールを持っている時に、どうやってパスをもらうか分かってないよね。サポートするポジショニングと距離、オフ・ザ・ボールの動きが出来てないとおもいます。動き出しのやり方、タイミング、どんな動きがあるかコーチが教えてないからです(..)スミマセン。
いつ、どこに、どのタイミングでどんな動き方があるか示せてないのが問題。ついでに言うと、キーパーの練習を練習時に教えてないのも問題。リョウゴウや、フウマには申し訳ないかな。。他の全員、ごめんなさい。あきさん、ごめんなさーい。
来週からやりまーす。

動き方教えてないのに、よく招待試合や区大会予選勝ててたね!君たちは、天才だー

大豆戸FCは、動き方の練習を真面目にやってるんだよね。もしかしたらコーチが本気で教えてないからかも(>_<)参ったなあ~タクマやショウヨウ、リョウゴウ、アサヒ、みんな、運動神経良いメンバーいっぱいいるのに選手が成長してないとしたらコーチが悪い(..)すぐ対応させて頂きますm(__)m

コーチも反省するので、みんなも自分自身が出来た事、出来なかった事(苦手なプレー)を整理して来週からの練習に取り入れていきたいですが来週から、たちばな杯の練習(ミニゲーム)だね。個別レッスンするね。①リョウゴウ(キーパー練習)②フウマ、プルアゥイ&ダイアゴナルラン。

これからが本当のスタートだー

今更。。。(*_*)

采配:川村コーチ_20191215_181943

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、家に帰って説教されているやつもいるとは思うが、いつも通りにサッカーをやる難しさを学んだ感じかな?
また、強い相手には一瞬のミスが失点につながることを学んだかな?
そういう中でも、随所にいいプレーが出来てた部分もあるので確実にみんな成長出来てるってことだな。
試合前、
大豆戸:当たり前のように勝つ感じでリラックス
たちばな:緊張気味、カシワギでさえ緊張してたっぽい
試合開始、
たちばなのチェースは効いていたが、ちょっとしたミスから2失点、嫌な雰囲気も、前半に1点返していい雰囲気に持っていったのは素晴らしい!!!
後半開始早々失点で、前半の終盤の動きが出来無くなってきた感じかな?
サッカーって難しいよな? でも、面白いよな!
多分、みんなも思ってると思うけど、点差以上に実力に差はなくて、今まで自分たちがやってきたサッカーをやれば勝てない相手では無かったなー、と!
じゃー、次のゲームでもっといい試合をしよう!!!

ちなみに、大豆戸のコーチはみんなを褒めてたよ!上手いって!
すげーな!!!

監督 三木_20191215_182005

【U12】第9回なぎさカップ(国際交流の部)

■日時:12月14日(土) 9:45~
■場所:金沢海の公園なぎさ広場
■天候:晴天
■形式:8人制(10分-コートチェンジ-10分)

本日はなぎさカップに参加して参りました。
なぎさカップの凄いところは「国際交流」をテーマにしており、本日もドイツ学園さん、東京フランス学園さんの子供達とプレーできることです。
選手達も試合前から「背大きいのかな?」「緊張するね~」と楽しみにしていたようです。
横浜市大会も「国際ちびっこ」と銘打っているのはTKC創業者の曽田さんが国際交流を進めるべきと先進的な理念を持っていたことに所以するそうです。
さて、試合はどうなったでしょうか?_20191215_065146

(さらに…)

[U10-A]港北区大会最終日

雨天順延になりましたが、12月1日に区大会の予選リーグが行われました。現在1勝1敗1分で3位。2位までしか先に進めませんので、今日の2試合勝つしかない!!集合写真の笑顔が物語っているのは・・・

(さらに…)

夏山SC創部45周年記念大会 5年生の部

■日時:12月1日(日) 9:20-15:35
■場所:逗子高等学校
■天候:曇ちょい晴れ間
■形式:8人制(20分1本)
■参加チーム:夏山SC、長井ウィングス、FC高坂、東汲沢SC、横浜東SC、たちばなキッカーズ

本日は夏山サッカークラブさんから創部 45 周年記念大会にご招待頂きました。
夏山 SC さんとは 40 年来のお付き合いだそうです。
前日のかじがや杯に出場した5年生のヒデとヒメカが体調崩して、欠席。う~ん、いたいっ!
寒風が吹きすさぶ中での試合だったので、体がきつかったかな。
でも、U10B の 4 年生の力を借りて、5 試合に挑みました。
勝田杯に続き一緒に戦います。彼らの成長も楽しみです。

   

今日のテーマは以下の通り。

■5年生:4年生に早く・分かりやすい指示をだすこと

■4年生:次の次を予想して動き、声を出して「ヘイ」と呼ぶこと

往路は心配された渋滞もなく、相当早く会場に到着したので、念入りにアップをした上で
動き方の意識統一をする為に「サッカー将棋」を沢山行いました。
サッカー将棋とは、サッカーフィールドの形をした板(戦略板)の磁石(プレーヤー)を
“全員の意見を一致させて”動かしながら守備や攻撃をする遊びです。
プレーヤーを動かす都度、動かす理由を選手達自らに言葉に出して説明して貰い、チーム内で認識の共有化を図ります。
短い時間でしたが動き方が共有できたかな?

(さらに…)

【U12】かじがや招待杯:最終日

■日時:12月1日(日)

■場所:宮崎中学校

■天候:晴天

■形式:8人制
決勝トーナメント(15分-5分-15分)
決勝戦(20分-5分-20分)

天候に恵まれた最終日。宮崎中学校で第18回かじがや杯、決勝トーナメントが行われました。昨日の良い流れをそのまま、優勝を目指したいところ。いつもの元気で寒さを吹き飛ばして頑張ってほしいー

試合前のMTGではいくつかの約束事項を確認。三木監督が久し振りのベンチ入り、面白い1日の始まりです。とにかく選手のモチベーションをあげるのが上手です(^-^)v そして関谷コーチがお忙しい中、途中から参加してくれました。ありがとうございます。みんなで頑張りましょう(^-^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■決勝トーナメント1回戦 vs.武山キッカーズ
○1-0 得点:フウマ

【スタメン】

FW       フウマ
MF トモハル  タクマ  ユウト
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

采配:三木監督     川村コーチ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■決勝トーナメント 準決勝 vs大谷戸SC
○2-0 得点:タクマ トモハル

【スタメン】

FW       フウマ
MF トモハル  タクマ  ユウト
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

<交代>
ユウト→アツヤ

采配:三木監督     川村コーチ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■決勝トーナメント 決勝戦 vs二子玉川SSS
○5-1 得点: トモハル ユウト フウマ×3

【スタメン】

FW       フウマ
MF トモハル  タクマ  ユウト
DF リュウト  タカリキ ショウヨウ
GK       リョウゴウ

采配 : 三木監督    関谷コーチ    川村コーチ

最優秀選手 :  リッキー
優秀選手 :     フウマ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の涙のミーティング、コーチ大袈裟だよね!それは、さておき。。
今日は、何が良かったのかな~と分析してみました。良く動けていた事とボールをどこで奪うかが明確になっていたことが、勝因かもしれません。
みんながピッチで自主的に、プレスをかけて連動出来た事が素晴らしかったです。①フウマが、相手のセンターバックにプレッシャーをかけます。
②トモハルとユウトは、3バックのサイドDFにプレスをかけて、そこでボールを奪う。③そこでプレスを剥がされても自慢の3バック(ショウヨウ、リッキー、リュウト)が、相手のサイドMFを完全にシャットアウト♪
タクマは、守備では苦労していたね。何故なら君のポジションのマークは、基本、選抜に選ばれているエースが多いからです(^-^)v
今日のこの経験、なかなか出来ないよ!あれっ、先週もうまい選手と対戦してたっけ。相手エースを完封するまでは少し時間が掛かりそうです。どこにボールが来るのか?相手のエースを自由にしない為にはどうするか?先に答えを言います。前を向かせない事。振り向かれて前を向かせると凄かったね、決勝の相手の12番、ドリブルのフェイント(インサイド+インサイド+アウト)緩急で交わされて、2人目も追いつけない、3人目が行っても交わされていたよ。そしてもう1つ、キックフェイントに引っ掛かり過ぎです。トモハルが試合中、タクマに言ってたよ。「飛ぶなよ」 って!その通り。何で飛んだらいけないんだろー 次のプレーに移るのに時間がかかるからです。タクマが飛んでいるうちに、相手は切り返してから決定的なスルーパスを出しているかもしれません。簡単にフェイントに引っ掛からないようにしましょう。どうやったら引っ掛からないのかな?それは、次に相手がどうするか予測をする事。姿勢を低くして相手がボールを保持しているとき、ボールを見ましょう!ボールを見ていない。なんとなーく、相手を追いかけたDFをしているのが問題。優勝したのにこんなに言ってごめんね(>_<)今後のタクマに期待しているから、アドバイスだよ。昨日、今日と2日間走りまくったので少し漫画「アオアシ」18巻をgetして一旦、リフレッシュしましょう!今日は、お疲れ様(^-^)v

トモハル、完全復活だね!何が良かったんだろー
守備をやる事により、うまくゲームに入れた事かな。チームの為に、献身的にプレーをしていると良いタイミングで、君にボールが集まっていたよ。いつも守備をサボっている訳ではないけど。。後、うまくいったのには理由があります。
相手DFが2人いるところに無理にドリブルで突っ掛けてないからです。相手DFが2人いても仕掛けて良いエリアは、ペナルティーエリア付近です。相手の股を抜いたり、ドンドン仕掛けましょう!仕掛けたら、PKをgetできるかもー(^-^)/

フウマ、DF頑張っていたね。継続性が大切です。センターバックにプレスをかけた後、サイドバックまでボールを追いかけたね!君のスタミナにはビックリしたよ。現代のFWは、守備ができないと話になりません。良くやっていました(^-^)v1つストロングポイントを持っていると、サッカーが楽しいでしょう。右足のキックは上手なので、左足のキックを練習しましょう!あと最近、ボールを持った時やトラップでの遊び心がないよ。コーチが伝授した切り返し、使ってくれないなあ~

リョウゴウ、足が痛いからキーパーをやってもらってます。今日のアップで三木監督のシュートを横っ飛びをしていたね。シュート練習では、ビックセーブの連続でした。いっぱいシュートを受けるのが、上達の秘訣みたいだね。試合中でも、コーナーキックに積極的にチャレンジしていたし、今日は当たりまくっていたね。最終ラインの裏に抜けたボールを忠実にクリアしていました。クリアボールを味方に狙えたら、ワンランクレベルが上がるね!今日は、珍しくリョウゴウ以外のメンバーもハーフタイムにコーチの話を真剣に聞いていました。みんな、いったいどうしたー
いきなり真面目にならないでください。らしくないよ(*_*)

ユウト、最近弱々しいけど気にしなくて良いよ!たまたま、相手選手は体の成長が早いだけ。子供の体の成長には個人差があります。高校生くらいにピークに持って行くので、今は基本のトラップとシュートを練習しておくと必ずいつかいきるはずだよ。焦らないでね。優勝メンバーの一員だし、点も取れたし良かったよ(^-^)vコーチについてこい!

みんな優勝おめでとう(^-^)/

次の区大会や、招待試合もまだまだ続きます。怪我をしないように体のケアをしっかりしましょう!お風呂あがりのストレッチや練習&試合後のアイシングも大切になります。後、ボールの空気があまい選手が結構います。空気圧は、自分で管理するのも大切な事です。コーチがいるときにお願いしてみたらどうかな?試合球と同じ空気圧にしておかないと、試合でボールをうまく蹴れないよ!

川村コーチ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

U-12選手諸君、第18回かじがや招待(U-12)サッカー大会 優勝おめでとう!
昨日の予選は、川崎ウイングス相手に初戦をものにして、2戦目、県トレセンの30番、メチャクチャ上手い9番擁するかじがやFCに勝ち切れず、2位通過で予選突破。
今日の組み合わせは、Cブロック1位通過の横須賀の強豪武上キッカーズ、勝っても、Aブロック首位の大谷戸SC、強豪相手の戦いが続くことが予想される中、最初、自分も興奮してしまった。ウチノがファールスローを取られた時に、”小学生じゃねーんだから!!!”と言って、冷静に考えたら、ウチノは声変わりしてるけど、小学生であることを思い出し、”あ、小学生だな!”と言って冷静を取り戻した。
今日のみんなは連動してたな!、1回戦の武上キッカーズ相手の最初はチョット物足りなさを感じたが、徐々に良くなって来て、タカセキのチェースに連動してみんながチェースして高い位置でボールを奪うことを徹底していた。素晴らしい!
横須賀の強豪武上キッカーズ相手に、後半、タカセキが1点をもぎ取り、”0点”に抑えて 1-0 勝利、これは、タカセキのシュートも素晴らしかったが、その下のセキモト、両サイドハーフのクラモチ、タカガキの守備の意識が高かったのと、後ろの3枚、ウチノ、タカハシ、カワムラのカバーリングが最高だったのと、霊長類最強のゴールキーパーに安定感があったからだ(昨日、集中が切れる場面があってチョット不安だったが、今日は集中力が切れなかった)、素晴らしい!!!
準決勝は、大谷戸SC、これまた強豪、まず、タカハシがじゃんけんで勝って、相手に白のユニフォームに変えさせて、幸先のいいスタート(これで、タカハシは日本で一番じゃんけんに弱いやつでは無くなった、サガワの”グー”を出せというアドバイスが効いたのかもしれない)、円陣は、セキモトを中に入れ、”絶対勝つぞー”の後に、みんなでセキモトを軽く蹴るっていう感じでいい雰囲気作りしてゲームスタート、イーブンな感じでお互いチャンスを作れない中、一瞬のスキをついて、セキモトが得点(よく決め切った)、タカガキが追加点で、2-0 勝利、決め切ったやつも凄いけど、”0点”に抑えたディフェンス、カワムラ、タカハシ、ウチノ、霊長類最強のゴールキーパーも凄くね、強豪相手2試合で、”0点”だよ。この試合の前に、キャプテンタカハシが足が痛いと言って心配したが、問題無かった。また、この試合で右サイドに入ったサガワもいつもに増して守備の意識が強く素晴らしかったな!
決勝は、すげーフィジカル強い12番擁する二子玉川SSS、かじがやFCに勝っての決勝進出、しかも、たちばなは少ない人数で強豪相手に2試合、しかも、決勝は20分ハーフ、疲れが出なきゃいいがと思っていたが、セキモトを軽く蹴る円陣で気合注入、前線からのチェースは途切れず、タカガキが先制点をもぎ取り流れに乗り、タカセキのハットトリック、今日のみんなの連動を象徴するような、前線からのチェース、相手のパスを読み切って、クラモチのゴール、前半だけで、5-0で、後半、1点入れられたけど、相手12番にはほとんど仕事をさせなかったのが大きく、そのまま勝ち切り”優勝”。凄くね!
今日のU-12選手は最高だったな、タカセキの決勝でのハットトリックも凄かったが、武上キッカーズ相手の唯一の得点をたたき出したのは素晴らしい! クラモチ、タカガキの両サイドは、守備の意識強く上下に走りまくり、タカガキの決勝での先制点は優勝への勢いをもたらしたし、クラモチの決勝でのダメ押しの得点は、高い位置でボールを取って奪った得点で、今日のみんなの凄さの象徴だったな! 右サイドをやったサガワも今日はメチャクチャ上下動繰り返し、あれが出来れば安心、安心って感じのいい動きだった。 セキモトは、決勝で、セキモトの1.23倍背の高いエース相手にかなり苦労したけど、やり切ったし、準決勝での先制点は、チームを決勝まで導いた、素晴らしい!!! ディフェンス陣は、本日、”失点1”、まったく集中切らさなかったな、ウチノサイドも、カワムラサイドもほとんど危ない場面も無かったし、中盤のカバーも最高。キャプテンタカハシの1対1で負けない力も素晴らしかったが、カバ―リングも素晴らしかった。さすが、最優秀選手! 霊長類最強のテラサワは守備範囲が広いのも良かったし、危なげなかったな(これがキーパーへの最高の褒め言葉)、1つ不思議だったのは、疲れてるはずなのに、最終戦が一番ゴールキックが飛んだんだよね。後から、聞いたら、トレシューからスパイクに履き替えたからとのこと、テラサワ家は、新しいスパイクを購入する家族会議が必要か?
いずれにしても、U-12選手諸君、今日は、非常に難しい試合を全部ものにした、先週の2万倍位成長した感じだな。自身を持っていい!お前らは凄いんだと!
U-12選手諸君、第18回かじがや招待(U-12)サッカー大会 優勝おめでとう!

監督 三木_20191201_193946

ニコがいないとコーチは、さみしいよ(..)