【U10】第35回 明治フリーバーズ招待大会 4年生大会

毎年お招きいただいている「明治杯」に今年も参加させて頂きました。普段は対戦する機会のない相手に実力を試せるいいチャンス。いつもはA, Bと別れて活動している4年生が一丸となり挑みました。

予選リーグ:12/7(土)@明治小学校 天候:小雨のち曇り
結果:1勝1分

vs: 明治フリーバーズ少年蹴球団 〇 7-0 (ショウキ、タイガ、コウタx2、ケイタx3)
vs: 清和イレブンサッカークラブ △ 0-0

寒波到来で試合前は雪の予報もあるくらい冷え込んだ中での予選リーグですが、1試合目に得点ラッシュで快勝を収めました。2試合目は前半チャンスから何度か決定機を得ましたがスコアレスドローに終わりました。タイガの前線からのプレスと裏に抜ける飛び出しでチャンスメーク、コウタの正確なボールコントロールやキョウスケとショウタの安定した守備を軸に、ダイゴやアツシといった普段同じチームでプレーしていないメンバーにも得点機会(決めて欲しかった)が訪れるなど全員が躍動し、1位通過することができました!

決勝トーナメント:12/8(日)@明治小学校 天候:晴れ

翌日は晴天に恵まれ、気温もサッカー日和といった好条件。

vs: 横浜F・マリノスプライマリー 🔴 0-4

先発フォーメーション

ダイゴ

キョウスケ コウタ ショウキ ショウタ

ケイタ ソウスケ

タイガ

初対戦となるマリノスさん相手にみんな緊張している様子。しかしいざ試合がはじまると前からプレスに行き、じっくりつなごうという意識が高い相手をてこずらせる展開に。タイガの数多くのスーパーセーブと中盤とDF陣の粘りのディフェンスで開始10分はスコアレスで進んだ。特に左サイドのキョウスケは相手のウイングのドリブルを制圧するなどサイド攻撃を封じる活躍。ショウキは縦横無尽に走りまわり相手とのデュエルで負けていなかった。しかしドリブル中央突破から先制点を許すと、追加点を奪われ0-2で前半を折り返す。後半はいつもの3バックにシステムを戻したが相手の猛攻を止めることはできず0-4で終戦。チームの完成度の差は大きく、決定機をつくることはできなかたった。しかし差を体感することができたのは大きな財産になりました。

vs: 湘南ルベントスポーツクラブ 🔴 2-3 (タイガ、ショウキ)

先発フォーメーション

タイガ

リンタ コウタ アツシ

ダイゴ キョウスケ ソウスケ

リクハ

気を取り直して最終戦。前半完璧なタイミングで裏に抜け出したタイガが先制点。先発メンバーは相性がよかったのか非常に全体のバランスがよく、タイガが前からプレスにいくと後ろの3人も連動してボールを奪いに行き、前半は試合の主導権を掌握した。コウタは司令塔としての役割をこなし、リンタとアツシもサイドから攻撃を活性化し躍動。前半は完ぺきに近い出来で1-0で折り返す。
後半は一転防戦に。同点弾を献上して悪い流れになったが、ショウキが意地の1発。しかしその後悪い流れを止めることができず2失点してしまい、2-3で敗戦してしまいました。

総評:
4年合同チームとして準備期間がなく、ぶっつけ本番で臨んだが非常に良いコンビネーションが随所に見られました。対戦したことのないチームや普段と違うチームメートとプレーすることは素晴らしい経験になりました。MVPはDF面で光る活躍をしたキョウスケがゲット!!

 

【U12】区大会決勝トーナメント

■日時:12月15日(土) 10:20~
■場所:常盤公園グランド
■天候:晴天
■形式:11人制(20分-5分-20分)

本日は区大会決勝トーナメントに参加して参りました。
昨日の国際交流試合での勢いをそのままチームとして戦ってほしい。トーナメントなので負けると終わりなので、今日は勝ちに行きましょう。
ピッチは、砂が多くてグランドはボコボコ。ゴール前は砂場みたい。_20191215_182556

【決勝トーナメント:1回戦】
vs 大豆戸FC B ●1-5 (得点:トモハル)

〈スタメン〉
FW       フウマ
MF   ユウト トモハル ヒデ
MF     ニコ  タクマ
DF アサヒ リュウト リキ ショウヨウ
GK      リョウゴウ
交代:ニコ⇒タツロウ、ユウト⇒ケイト、ショウヨウ⇒アツヤ

<得失点シーン>
■前半2分(▲1点):自陣右サイドのショウヨウ、ヘディングでクリアをしてタッチラインに逃げておけば良かったが、判断が遅れた隙に相手快速FWにボールを奪われ、タカリキが間に合わないタイミングで、キーパーと1対1を決められ失点。
■前半12分(▲1点):相手のチョロチョロシュート(^^;キーパー楽勝にキャッチかなと思っていたが、リョウゴウが先にゴール前で横になっている??何で??屋内でやる似たようなスポーツをテレビで観たことがあるけど。。止めてくれたらOKなんだが、グランドがボコボコなイレギュラーなゴール前では、バウンドが変わりリョウゴウの頭の上を通過。失点。たぶん緊張からくる焦りで先走ったんだね(*_*)ドンマイ これも経験。
■前半15分(+1点):リュウトの間接フリーキックを受けたトモハル、ナイスタイミングで相手DFラインの裏に抜け出してキーパーと1対1。ゴール(^-^)v

前半 1-2

■後半2分(▲1点):ショウヨウが、ボールウォッチャーになり、自分の裏のスペースをやられ、またまたキーパーと1対1を決められる。区大会予選の初戦を思い出します。ショウヨウの弱点だね。攻撃に意識を持っている時に、相手のマークを見失いスルーパスを出される。これをやられると厳しい(..)失点。

■後半10分 13分(▲2点)立て続け失点。

・後半15分、トモハルが蹴ったボールが相手の手に当たりハンドの反則。キッカーは、その場で三木監督ご指名のユウト。キーパーが右サイドに横っ飛びー
ユウトのキックは、キーパーに読まれた結果、枠の外にダフる失敗。
トモハル、ごめんね(;_;)次から自分の意思を表現して欲しい。「俺が蹴ります」と。ユウトは、大事なところで最近勝負弱い。自分でストイックに練習をして自信をつけてほしい。放課後、毎日30分。シュート練習してください。

<川村コーチ総評>
今日はチームとして負けて悔しいですが、大豆戸FC相手にいつもより良いプレーをしていた選手を紹介します。1人目、トモハル。11人制のトップ下、抜群に良かったよ(^-^)/試合後、大豆戸FCコーチが誉めていました。流石だね。選抜選手に相応しいプレーでした。ドリブルの切れ味が凄かった。うまいね。2人目、タクマ、ボールを奪った後、ドリブルのスピードを落としていたから味方を探しながら、ボールを運べていました。ちょっと気になったんだけど、たぶん、たちばなの選手は味方がボールを持っている時に、どうやってパスをもらうか分かってないよね。サポートするポジショニングと距離、オフ・ザ・ボールの動きが出来てないとおもいます。動き出しのやり方、タイミング、どんな動きがあるかコーチが教えてないからです(..)スミマセン。
いつ、どこに、どのタイミングでどんな動き方があるか示せてないのが問題。ついでに言うと、キーパーの練習を練習時に教えてないのも問題。リョウゴウや、フウマには申し訳ないかな。。他の全員、ごめんなさい。あきさん、ごめんなさーい。
来週からやりまーす。

動き方教えてないのに、よく招待試合や区大会予選勝ててたね!君たちは、天才だー

大豆戸FCは、動き方の練習を真面目にやってるんだよね。もしかしたらコーチが本気で教えてないからかも(>_<)参ったなあ~タクマやショウヨウ、リョウゴウ、アサヒ、みんな、運動神経良いメンバーいっぱいいるのに選手が成長してないとしたらコーチが悪い(..)すぐ対応させて頂きますm(__)m

コーチも反省するので、みんなも自分自身が出来た事、出来なかった事(苦手なプレー)を整理して来週からの練習に取り入れていきたいですが来週から、たちばな杯の練習(ミニゲーム)だね。個別レッスンするね。①リョウゴウ(キーパー練習)②フウマ、プルアウェイ&ダイアゴナルラン。

これからが本当のスタートだー

今更。。。(*_*)

采配:川村コーチ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
_20191215_181943
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<吉田コーチ総評>
今日は残念ながら負けてしまいましたが、コーチは「決勝トーナメントに進出したチームにしか見ることのできない景色」があると思っています。それは、試合に臨む緊張感や求められるプレーの精度の高さであったり、勝っても負けてもこの舞台で起こる全てのことです。決勝トーナメント進出を通じて、これから君たちが自分に求める「当たり前の基準」は間違いなく上がります。何故なら決勝トーナメントを経験することができたからです。多くの人はこれを経験できないまま小学校生活を終えることを考えたら、とても貴重な経験ですし、それを掴み取ったのは他ならぬ君たち自身です。予選リーグが終わって以来、どうしたらジャイアントキリングが起こせるか考えさせられました。コーチ達にとってもとても楽しい時間でしたし、今日はお父さん・お母さんの大応援団も来てくれましたね。君たちの頑張りがこうやって応援してくれている人をワクワクさせてくれたのです。これって凄いことなんだよ。君たちは間違いなく、強くなった。今日は負けてしまったけれど、自信を持って良いと思います。そして、この決勝トーナメントで学んだことを次に活かしましょう。コーチは決勝トーナメントまで連れてきてくれた選手のみんなにお礼を言いたいと思います。ありがとう。

コーチ:吉田

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、家に帰って説教されているやつもいるとは思うが、いつも通りにサッカーをやる難しさを学んだ感じかな?
また、強い相手には一瞬のミスが失点につながることを学んだかな?
そういう中でも、随所にいいプレーが出来てた部分もあるので確実にみんな成長出来てるってことだな。
試合前、
大豆戸:当たり前のように勝つ感じでリラックス
たちばな:緊張気味、カシワギでさえ緊張してたっぽい
試合開始、
たちばなのチェースは効いていたが、ちょっとしたミスから2失点、嫌な雰囲気も、前半に1点返していい雰囲気に持っていったのは素晴らしい!!!
後半開始早々失点で、前半の終盤の動きが出来無くなってきた感じかな?
サッカーって難しいよな? でも、面白いよな!
多分、みんなも思ってると思うけど、点差以上に実力に差はなくて、今まで自分たちがやってきたサッカーをやれば勝てない相手では無かったなー、と!
じゃー、次のゲームでもっといい試合をしよう!!!

ちなみに、大豆戸のコーチはみんなを褒めてたよ!上手いって!
すげーな!!!

監督 三木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

_20191215_182005

—————————————————————————————————————————–

前半開始から相手に押し込まれる展開で、最初はがまんの時間かなと思ったところで失点してしまったね。そのまま押し込まれる時間が続くかなと思われたけど、徐々にたちばなのペースになって、ヒデのミドルシュートやショウヨウ→トモハル→ユウトと繋いだパスなど、たちばなの時間が作れていました。2点目もイレギュラーなバウンドからの失点しまったけど、相手オフサイドから得たリュウトの間接FKを絶妙なタイミングで合わせてたトモハルのループシュートは素晴らしかったです!1-2で前半を折り返して、さあ後半、追いつくぞというところで、失点を許してしまったところは残念。その後も相手ペースで試合が進み、ミドルシュートと相手FWのテクニックで2失点し、点差が開いてしまいましたが、アサヒの絶妙なタイミングでのパスカットからのシュートは素晴らしかったです!局面局面での相手のテクニックやスピードへの対応が大変だったけど、自分たちも持てる力を精一杯発揮していたんじゃないかな。緊張感のある決勝トーナメントを戦った経験は、これからサッカーをやっていく上で、大きな自信につながっていくと思います。今回の経験を活かして、県大会も予選ブロック突破を目指して頑張って行こう!!

関谷

——————————————————————————–

決勝トーナメントみんなの勇姿を見に行けなくて残念でした。
試合は見れなかったけど、コーチみんなの熱い想いとメッセージが込められたブログを読み、ひとりひとりが頑張っていた姿が目に浮かびます。強い相手と戦うことで学ぶこと多いよね、敗戦のくやしさは次への大きな力になります。県大会、頑張ろうな!
たちばなイレブンには意地とほこりがあるんじゃー!

樫村

————————————–
未知なる世界に足を踏み入れるってとてもドキドキするし緊張するよね。
そこに行けたことはとても良い経験になったはずだ。
結果は負けたけど、まだまだ上には上がいるということがわかったと思う。
と言うことは、君達にはまだまだやらなければならないことがあるということ。
明らかに君達は成長しているぞ。
そこは自信を持って次の県大会に向けて練習していこう。
ベスト8おめでとう。

山田

【U12】第9回なぎさカップ(国際交流の部)

■日時:12月14日(土) 9:45~
■場所:金沢海の公園なぎさ広場
■天候:晴天
■形式:8人制(10分-コートチェンジ-10分)

本日はなぎさカップに参加して参りました。
なぎさカップの凄いところは「国際交流」をテーマにしており、本日もドイツ学園さん、東京フランス学園さんの子供達とプレーできることです。
選手達も試合前から「背大きいのかな?」「緊張するね~」と楽しみにしていたようです。
横浜市大会も「国際ちびっこ」と銘打っているのはTKC創業者の曽田さんが国際交流を進めるべきと先進的な理念を持っていたことに所以するそうです。
さて、試合はどうなったでしょうか?_20191215_065146

(さらに…)

[U10-A]港北区大会最終日

雨天順延になりましたが、12月1日に区大会の予選リーグが行われました。現在1勝1敗1分で3位。2位までしか先に進めませんので、今日の2試合勝つしかない!!集合写真の笑顔が物語っているのは・・・

(さらに…)

夏山SC創部45周年記念大会 5年生の部

■日時:12月1日(日) 9:20-15:35
■場所:逗子高等学校
■天候:曇ちょい晴れ間
■形式:8人制(20分1本)
■参加チーム:夏山SC、長井ウィングス、FC高坂、東汲沢SC、横浜東SC、たちばなキッカーズ

本日は夏山サッカークラブさんから創部 45 周年記念大会にご招待頂きました。
夏山 SC さんとは 40 年来のお付き合いだそうです。
前日のかじがや杯に出場した5年生のヒデとヒメカが体調崩して、欠席。う~ん、いたいっ!
寒風が吹きすさぶ中での試合だったので、体がきつかったかな。
でも、U10B の 4 年生の力を借りて、5 試合に挑みました。
勝田杯に続き一緒に戦います。彼らの成長も楽しみです。

   

今日のテーマは以下の通り。

■5年生:4年生に早く・分かりやすい指示をだすこと

■4年生:次の次を予想して動き、声を出して「ヘイ」と呼ぶこと

往路は心配された渋滞もなく、相当早く会場に到着したので、念入りにアップをした上で
動き方の意識統一をする為に「サッカー将棋」を沢山行いました。
サッカー将棋とは、サッカーフィールドの形をした板(戦略板)の磁石(プレーヤー)を
“全員の意見を一致させて”動かしながら守備や攻撃をする遊びです。
プレーヤーを動かす都度、動かす理由を選手達自らに言葉に出して説明して貰い、チーム内で認識の共有化を図ります。
短い時間でしたが動き方が共有できたかな?

(さらに…)

たちばなKCスケジュール


クラス別のスケジュールです

NEW!!たちばなキッカーズ記念誌


過去の記念誌を掲載しています

NEW!!たちばなイレブン


たちばなキッカーズの唄です

ホームグランド(下田小学校)

練習時間
土曜日:13:00~17:00
日曜日:8:30~12:00
※クラスにより時間が異なります

アクセスカウンター

  • 674,487 hits!!